太陽の傷/あらすじとネタバレと感想

太陽の傷 2006年の邦画

太陽の傷の概要

制作:2006年 日本
監督:三池崇史
出演:哀川翔、佐藤藍子、森本慧、他

太陽の傷の見どころ

ホームレスをリンチにしていた中学生を止めた男を逆恨みし、男の娘を中学生が殺す。少年法で守られている中学生の事を忘れようと引っ越すが男は許せず、中学生が仮釈放されたと聞き東京に戻り皆殺しにしていくという過激なストーリー。

太陽の傷のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日片山敏樹(哀川翔)は仕事の帰りに中学生たちがホームレスをリンチしているのを見かけ、止めに入ります。しかし少年たちは片山にも暴力を振るい、片山は負けておらず返り討ちにします。その少年のうちのひとり神木がナイフを持ち出してきて片山は怒り、神木を殴り続けます。そこに警察が来て片山も取り押さえられるのでした。
警察署で片山もやり過ぎだと言われますが、警察に中学生の行方を聞くとすでに帰らせたと言います。
そのまま片山も帰り、片山の誕生日を祝う会を準備していた妻の陽子に見て見ぬふりすればよかったのにと言われてしまい、娘の彩乃も片山の帰りが遅いので寝てしまっていました。
次の日、片山が会社から帰っていると神木に見られているのを見つけます。急いで家に帰ると妻も誰かに付けられたと言いました。不安になった片山は警察に電話するものの未成年の情報は教えられないと言われます。片山は友人から電話をもらい、あの日の事件に関わった少年が殺されたことを知ります。すぐに妻に電話するものの妻は出ません。妻は娘が居なくなったので探し回っていたのでした。そして片山の娘が殺されたことを知ります。防犯カメラには神木と一緒に歩いている娘の姿がありました。神木はすぐに捕まり、片山家族は発狂しますが神木は前にも子供の殺人未遂を起こしていましたが、未成年のためあまり罪には問えませんでした。テレビでは片山の暴力が一方的に悪いと出て、妻は病んでしまって自殺します。
片山は友人の会社に身を置き、引っ越しをしました。

ネタバレと結末

それから三年後、神木が仮出所したことを片山は知り、神木の居場所を尋ねますが少年法により教えてもらえませんでした。片山は神木が石川と言う偽名を使って町工場で働いていることを調べました。しかし近づこうとすると警察に逮捕すると言われてしまいます。神木は同じく少年法で守られるであろう少年たちを煽り拳銃を渡し、あの事件の仲間須藤を殺すように命じます。須藤は撃たれ、片山は少年たちのアジトで待ち伏せします。少年たちから銃を奪い、少年の携帯を見ると「片山を殺せ」というメールがありました。
そこに電話が鳴ります。神木は保護観察の真弓を人質に取っていました。神木の呼び出された場所に行き、銃撃戦になり片山が勝ち、神木の居場所を聞くが少年たちは会った事もない。が、神化している存在だと言います。そこに神木が来て神木は少年たちを撃ち殺します。片山も殺そうとした時片山のターンが来て神木をリンチします。真弓はずっと見ていました。
夜が明けて、片山は友人に電話し、妹を頼むといい映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました