インストール/あらすじとネタバレと感想

インストール 2004年の邦画

インストールの概要

制作:2004年 日本
監督:片岡K
出演:上戸彩、神木隆之介、他

インストールの見どころ

綿矢りさの小説を実写映画化。
受験戦争に脱落し、不登校になった主人公がパソコンを捨てたことから小学生に出会い、小学生に誘われて子持ちの風俗嬢のふりをしてチャット出稼ぎ、そのうちに主人公も学校に戻ることを決意するというヘンテコ成長ストーリー。

インストールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

17歳の野沢朝子は受験戦争に嫌気がさし、人生の目標を探していました。
朝子はある時から学校に行くのをやめました。そして朝子は部屋にあるものをとりあえず捨ててしまおうと思いマンションのごみ置き場に捨てに行きました。すでに亡くなっている祖父からもらったパソコンも捨てています。朝子がゴミ置き場に居ると、小学生男子のかずよしが話しかけてきて、朝子はフリマだと言って好きなものを持って行けと言いました。かずよしは朝子の壊れたパソコンを持って帰るのでした。
朝子の母は小学教師でかずよしの担任でした。朝子の母は朝子の部屋が空っぽになっていることに気が付きませんでした。母が出勤してから朝子は家に戻り、ゴロゴロしていました。そしてかずよしが朝子に合図をし、かずよしは朝子に貰ったパソコンを見せるのでした。パソコンは押し入れに隠しており、親から見つからないようにこっそり使っていました。朝子が学校に行っていないことを知ったかずよしは、かずよしの知り合いの風俗嬢ミヤビの代わりにエロチャットすることを頼みます。かずよしは主婦と偽ってミヤビと仲良くなっていたのでした。かずよしが学校に行っている間、学校に行っていない朝子がチャットを担当することになりました。エロチャットはお金になり、二人は小銭を稼ぎ始めるのでした。朝子はエロの世界にどっぷり漬かってしまいます。朝子よりもかずよしの方が会話がうまく、交わし方も上手でした。

ネタバレと結末

その頃、家に出入りしている朝子の事にかずよしの母が気が付きます。また、同時に朝子の母も朝子の部屋が空っぽなことに気が付きました。朝子の母とかずよしの母が会い、かずよしの母は家からいつもコーラが無くなっているので、朝子の母に朝子がコーラを好きかどうかを聞くのでした。ある日かずよしが学校を休んで二人でチャットしているうちに、朝子がチャットに入ってきた男と揉めました。男は朝子にウイルスを送り付け、パソコンに疎い朝子がクリックしてパソコンが壊れてしまいます。二人は押し入れでちょっとエロい雰囲気になっていた瞬間に、かずよしの母が押し入れを開け、朝子が家に帰ると朝子の部屋で朝子の母が寝っ転がっていました。朝子の担任が母に電話していたのでした。母は行きたくないなら学校に行かなくてもいいと言います。朝子は現実の世界に戻ってくるのでした。
かずよしはミヤビに会いに行き、バイト代30万をもらい朝子にも半分渡しますが朝子はかずよしにあげました。朝子は学校に通いだし、かずよしも母と和解するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました