恋せども、愛せども/あらすじとネタバレと感想

恋せども、愛せども 2007年の邦画

恋せども、愛せどもの概要

制作:2007年 日本
監督:堀川とんこう
出演:長谷川京子、京野ことみ、壇ふみ、岸蕙子、他

恋せども、愛せどもの見どころ

唯川恵の小説をWOW WOWのドラマWシリーズで放映。
金沢を舞台に血のつながりのない女四人家族。ある日祖母と母が結婚すると言いだし、それまで強く生きてきた姉妹はいつか誰かに頼りたいという思いが出てくるというストーリー。

恋せども、愛せどものあらすじとネタバレと結末

あらすじ

血のつながらない雪緒と理々子の姉妹は全く性格が逆です。姉の雪緒は石橋をたたき割るくらい慎重な性格で、妹の理々子はかなりの自由奔放な性格です。正反対でありながら二人の姉妹は意外にも仲が良く、姉妹には本当の親のように慕っている母の篠と祖母の音羽が居ました。もちろん四人とも血は繋がっていませんが、二人の姉妹は何かあるごとに母と祖母の居る金沢に戻り、二人のやっている小料理屋に駆け込むのでした。
ある日雪緒が金沢に戻ると、母と祖母から話があると言われ、祖母の音羽と母の篠の二人が結婚すると聞かされます。
驚くと共に、雪緒は長年年上の男性と不倫をしていました。母と祖母に結婚と言われて気持ちがブレます。
実家に帰っていた雪緒は、近所を歩いていると同級生の瀬間と再会し自然に仲良くなります。そして自分の家に帰り、また実家の金沢に帰った時雪緒は母篠の結婚が破談になったことを聞かされました。篠は昔芸子をしており、その事で相手の息子に反対されたというのが理由でした。雪緒は篠の結婚相手である山崎に文句を言いに行きますが、山崎から話を聞いた雪緒は二人を応援することにします。
篠は結婚を辞めたので貯金をはたいて小料理屋を改装することにします。
その頃理々子は自分の親が日本橋で和装小物のお店をしていることを知りました。そして初めて実の母と対面し、自分が子供だとは言わずに、理々子は篠の改装祝いを作ってもらう事にしました。
そして新装開店の日、音羽の結婚祝いを兼ねてお祝いします。

ネタバレと結末

篠と山崎も結婚にこだわらず、これまで通りの付き合いにすることを皆に宣言しました。
そしてその頃、雪緒は音羽から「カナダに行くことになったのでついて来てくれないか。」と言われます。雪緒は迷い、いろいろと悩んでいる時に、二人の仲を知った母と祖母は雪緒に話があると言い、瀬尾と雪緒が異母兄弟であることを知らされます。二人は驚き、話し合った結果別れることにしました。その後、祖母の婚約者が倒れたり、理々子の仕事がうまくいかなかったりと色々ありますが、雪緒は支えながら苦しいことも悲しいことも受け止めて、これからも強く生きて行こうと思うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました