滝を見にいく/あらすじとネタバレと感想

滝を見にいく 2014年の邦画

滝を見にいくの概要

制作:2014年 日本
監督:沖田修一
出演:根岸遥子、安澤千草、荻野百合子、桐原三枝、川田久美子、徳納敬子、渡辺道子、黒田大輔、他

滝を見にいくの見どころ

出演者は全員40歳以上の女性ならどなたでもという条件で集まった素人を含む7人。そのおかげでとてもリアリティがあるのが特徴。
紅葉を見に行くツアーで、頼りないツアーガイドのせいで道に迷ってしまい山に取り残された人たちはやがて本性を出していくというストーリー。

滝を見にいくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日、紅葉バスツアーに七人の女性が集まります。ガイドは頼りなく、誰一人として説明も聞いていませんでした。そしてバスは紅葉している山に着き、皆はガイドについて山の中に入って行きます。
そしてそのまま道に迷ってしまうのでした。女性たちは次々と文句をガイドに浴びせ、ガイドは誰かに聞いてくると言って、この場から離れないように女性たちに告げてからいなくなってしまいます。
しかしガイドは一向に帰ってきませんでした。次々に不安になる女性たち。そして一人が、あのガイドは半人前で滝を見に行くツアーなのに滝を見たことがないと言いだします。結局ガイドは帰ってこず、あきれ果てた女性たちは自分たちで下山しようとしだします。しかし何もない所なので、道に迷う事を想定してお菓子を置いていくことにしたものの、結局はまた同じ場所に戻ってきたりでうまくいきませんでした。
次第にイライラしてくる女性たち。そして一人が虫よけスプレーを使った事でケンカが始まります。一歩引いている人、喧嘩する人、喧嘩を止める人と短い時間の間でそれぞれの個性が出てきて、本性を発揮しだします。七人の女性たちははじめこそこのツアーの間だけの付き合いだと思い、見栄を張ったり嘘をついたりしていましたが、一緒に下山するうちに連帯感が生まれてきます。女性たちはこのツアーがすべてではなく、生活がありそれぞれに悩みがあったのです。

ネタバレと結末

そして女性たちはそれぞれ本音を出していきます。
感情を出し合い、ますます一体感が出た所でより一層うるさく過ごすのでした。そして夜になり、女性たちはお菓子で夜を過ごすことにします。お菓子を出し合い、山で食べられるものを探していると楽しくなってきて、一層盛り上がって行きます。眠る時は山の温度が下がるので体を寄せ合って寝ました。一人の女性が歌を歌ってみるとやがて大合唱になるのでした。翌朝、張り切って下山していると一人の女性が滝を見に来たのだから滝を見て帰りたいと言いだし、皆も賛成します。滝を見つけて眺めているうちに女性たちは癒されます。そして女性たちが歩いていると、ガイドがひょっこり現れて声を掛けます。あまりにもの無神経さに女性たちは怒り狂いガイドを叩き込みます。そして女性たちは農家のトレーラーに7人乗って帰り、ガイドは置いてけぼりです。ガイドは一人さみしく下山するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました