しあわせのかおり/あらすじとネタバレと感想

しあわせのかおり 2008年の邦画

しあわせのかおりの概要

制作:2008年 日本
監督:三原光尋
出演:中谷美紀、藤竜也、田中圭、甲本雅裕、平泉成、八千草薫、他

しあわせのかおりの見どころ

地方の小さな中華料理店で中華料理店の店主に弟子入りした、元キャリアウーマンのシングルマザーが人生に迷いつつ、成長していくというストーリー。
とにかく出てくる料理がどれも匂ってきそうなほど美味しそうな映画。

しあわせのかおりのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

金沢の小さな町にある中華料理店「小上海飯店」。王慶国がふるまう料理に今日も店には沢山の人がやってきます。北陸百貨店の営業をしている山下貴子(中谷美紀)は出店交渉のため何度も小上海飯店に足を運び、交渉しますが王はなかなか承諾しませんでした。ある日のこと、王の料理をはじめて食べた貴子は感動して小上海飯店の虜になってしまい、毎日のように通いつめるようになりました。
貴子が店に客として通いつめていたある日、年老いた王の無理がたたって脳梗塞を発症し倒れてしまいます。王は弟子も取らずに一人で大繁盛している小上海飯店のご飯を作り続けていたのでした。
王は後遺症が残ってしまい、病院には小上海飯店を続けるのはムリだと言われてしまいます。そんな事情を知った貴子は王に店を手伝いたいと申し出ます。今まで弟子をとらずに来たので、王は戸惑ってしまいますが貴子の情熱に押されて承諾しました。王の中華料理をマスターするのは容易なことではなく、はじめは失敗ばかりだったものの貴子は王のいう事を真面目に受け止め、着実に腕を上げていきました。
貴子が店を開けて王が指導している日々が続き、ある日加賀友禅の工房の社長小百合が小上海飯店で大事な食事会を開きたいと申し出てきました。王に頼むものの、王は体調不良のため断ります。
またまたある日、地元の関係者の食事会で貴子が作った料理を出したところ、貴子の料理で食中毒が発生してしまい貴子は頑張ってきただけに自分の失敗を悔やみ、落ちこみます。

ネタバレと結末

王は前向きな貴子が落ち込んでいるのを見て、どうにか自信を取り戻してやりたいと思い、小百合の食事会を貴子に引き受けさせます。王は故郷の味を貴子に覚えさせるために、自分の故郷に貴子を呼び食事させました。貴子は王の故郷に温かく迎えられ、料理を食べてやる気になります。
そして日本に帰った貴子は食事会の特訓を始めだします。食事会の当日に貴子が出した料理は喜ばれて、順調に進んでいきました。すると小百合は最後に、王の得意料理トマト卵炒めを追加で頼み、貴子は今まで貴子の料理を見ていた王に頼みます。そして食事会は大成功のまま終わり、王と貴子は満足げに二人で祝杯を上げるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました