銀のエンゼル/あらすじとネタバレと感想

銀のエンゼル 2004年の邦画

銀のエンゼルの概要

制作:2004年 日本
監督:鈴井貴之
出演:小日向文世、佐藤めぐみ、山口もえ、峯村リエ、他

銀のエンゼルの見どころ

妻の事故をきっかけに北海道の田舎のコンビニで働くことになった男が、コンビニに来る客やコンビニバイトの面々と交流していくストーリー。
銀のエンゼルはチョコボールの、補助的当たりのマークのこと。

銀のエンゼルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北海道で農家をしていた北島昇一は現在コンビニを経営しています。自分はオーナーで妻の佐和子は店長です。コンビニの仕事は妻に任せっきりで自分は好きに暮らしていました。高校生の娘、由希も居ますが昇一とはあまり会話しません。由希は画家を目指しており、東京の大学に行きたいことをまだ言えていませんでした。
ある日、佐和子が事故に合ってしまいます。全治三カ月と言われた佐和子に店長の仕事を任されますが、今までまかせっきりだったので困るものの、由希に頼むも断られ、代わりが居ないのでしょうがなしに店に入るのでした。そして人の足りてない夜勤に出勤します。ペアの佐藤君に挨拶し、店に居ると佐藤君は親切で助かったもののどこか不思議な感じがするのでした。
商品の配送業者のトラック運転手ロッキーは、由希の事が好きなものの由希からは全く相手にされませんでした。ロッキーは見慣れない昇一をバイトの新人だと偉そうにするものの、由希の父親だと知ると態度をころっと変えました。
コンビニには次々とお客さんが来ます。次は小林明美と言って昔近所に住んでいた人でした。明美は昇一にチョコボールを選んで欲しいと言い、”銀のエンゼル”を集めているのだと言います。明美は毎日チョコボールを買いに来ていました。そして明美はこっちでスナックをやっているからとライターを渡して帰ります。
そしてばったり明美と会った時に明美がシングルマザーをしていることを知ります。そして明美から由希が東京に行きたがっていることを知るのでした。

ネタバレと結末

由希と話し合おうも部屋にカギが付いていました。カギがついたのはだいぶ前なのに、昇一はその日にやっと知ったのです。由希は東京に行きたくて仕方がありませんでした。
ある日昇一がレジ打ちをしていると、由希がやってきて家出すると言います。どうしても東京に行きたいと言う由希におにぎりをあげました。でも、由希が乗るはずだった電車は大雪のため止まってしまいます。
そして街も停電してしまい、生真面目に非常電源に切り替える昇一に佐藤君は酒を飲もうと言います。規則は大事だけどそれだけじゃない。と言うのです。
そして途方に暮れている由希の前にロッキーが来ました。ロッキーは昇一の所まで送り届けます。警察の追っていた指名手配犯は佐藤君でした。しかし警察が来る前に佐藤君はいなくなっており、佐藤君の制服のポケットからはチョコボールが出てきました。そのチョコボールは銀のエンゼルが当たっていました。
戻ってきた由希は素直になっており、改めて東京の大学に行きたいという由希に昇一は涙が止まりませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました