幸せのちからのあらすじとみんなの感想

幸せのちからの概要

制作:2007年 アメリカ
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス、タンディ・ニュートン、他

幸せのちから 予告編

幸せのちからの見どころとあらすじ

見どころ

実在の人物であるクリス・ガードナーの半生を描いた作品。主人公のガードナー役はウィルスミス。その息子役として実の息子である、ジェイデンスミスが演じている。親子の絶妙な掛け合いが素晴らしい。物語の一番最後にはクリスガードナー本人が登場するシーンがある。サクセスストーリーというよりは父子の愛情を描いた作品。

あらすじ

舞台は1981年のサンフランシスコ。クリス・ガードナーは骨密度を測定する機械を病院に販売する仕事をしているが、なかなか売れずに貧乏生活を強いられる。ある日、ちょっとしたきっかけでガードナーは株の売買に興味を持ち、証券会社の養成コースに申し込みをすることになる。期間は半年で給料は無し。半年後1名だけが証券会社の社員として迎え入れられるが、不合格ならこの半年間は無駄になる。ガードナーは意を決して現状を脱出すべく、極貧生活の中、息子と二人で機械を売り歩きながら、半ホームレス状態で研修プログラムに参加することになる。

幸せのちからのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

ウィルスミスと実の息子のジェイデンスミスとの掛け合いが抜群に良かった。さすがに実の親子と思わせるような空気感でした。住んでいたモーテルを追い出され、寝るところがなくて、地下鉄でタイムマシーンで恐竜時代を体験するという妄想の話に乗ってくるジェイデンスミスがなんともいじらしかった。ああ、親子だな~としみじみとしました。
物語りとしては、見る前は「貧乏から一気に成り上がって大金持ちになるというようなサクセスストーリー」だと思っていましたが、ウィルスミスが投資会社の正社員になるところがゴール設定となっていて、息子との波乱万丈な日々がメインでサクセスストーリーというよりは、父子の愛情の物語だったので、イメージとはかなり違ったが心温まる作品でした。
ちなみにこれ実話が元になっているそうですが、一番最後にウィルスミスと本物のガードナーがすれ違うシーンがあってそれもなかなか良かったです(私はウィキペディアでネタバレ知っていましたので)(40代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました