白ゆき姫殺人事件/あらすじとネタバレと感想

白ゆき姫殺人事件 2014年の邦画

白ゆき姫殺人事件の概要

制作:2014年 日本
監督:中村義洋
出演:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、金子ノブアキ、貫地谷しほり、染谷将太、他

白ゆき姫殺人事件の見どころ

湊かなえの小説を中村義洋監督が映画化。
主演は井上真央。
美人のOLが殺害されて、その女性の噂が独り歩きしてインターネット上で炎上したり過熱報道されてしまう物語。

白ゆき姫殺人事件のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

長野県諏訪市、しぐれ谷国定公園で化粧品会社のOL三木典子(24歳)が10か所以上刺されて、灯油で焼き殺される事件がありました。ワイドショーのディレクター赤星(綾野剛)は友人の里沙子からその話を聞き、興味を持ちました。美人OL典子殺害の容疑者として同僚の城野美姫(井上真央)が挙がります。
地味な美姫は事件から姿を消していたのでした。
赤星がTwitterで事件についてつぶやくと、沢山リツイートされます。スクープが取れると思った赤星は調査することにしました。
赤星が様々な関係者からの話を聞くうちに、典子と美姫の人物像が浮かび上がってきました。「美姫は特徴がないのが特徴」と言われていて、盗みの罪をかぶせられていたり、「呪いの城野」と呼ばれていたり、母は否定したり父が謝ったり・・・中でも父が謝るということは、罪を認めたのと同じくらいの効果がありました。赤星はスクープが取れた!と思います。
そして赤星は切り取った人の悪意から、美姫を犯人に仕立て上げるシナリオを描いて、テレビで放送してしまいます。
美姫はホテルでその報道を見ていました。悪意を切り取られたかのような自分の人物像に恐怖を覚えます。
美姫は自分の人物像と事実を紙に書き記しだしました。人々の悪意によって美姫は犯人に仕立て上げられていたのでした。
ここまで来てしまうと、自分がどれだけ否定しても人の印象は変えられないと思ったのです。

ネタバレと結末

美姫は芹沢ブラザーズのコンサートで憧れの雅也を自分の手が押してしまった形になっていました。
雅也はそのことが原因で大けがをしてしまいます。ネットで見ると押した女性が立ち去っていると書いており、自分を責めてしまいます。遺書を書き、自殺しようとしてしまう美姫。
そこに犯人逮捕のニュースが流れてきます。犯人は同僚の里沙子でした。
典子は芹沢ブラザーズが好きな美姫を利用し、陥れていたのでした。典子はめった刺ししただけでは気が済まず、燃やして赤星のことも利用しました。典子自身もまた美人ですが傲慢な所があり嫌われていました。里沙子は典子のストレスをものを取ることで解消していましたが、典子に見つかってしまって隠蔽しようとして殺してしまったのです。そして美姫を容疑者に仕立て上げていたのでした。ネット民は今度は赤星をターゲットにし、叩きだします。そして美姫を擁護するようになるのでした。

白ゆき姫殺人事件のみんなの感想

ネタバレなし

白ゆき姫殺人事件は、とても面白いミステリーだと感じました。題名からすると、そんなに興味を持つことができませんでした。しかし見ていると、だんだんとその中に引き込まれて行くような、そんな魅力のある展開なのです。しかも、想像していた人とは全く違う人が犯人であったことにも驚きです。このような映画は、あまり印象として残っていないのですが、これは演出等がこっていてとても面白くみることができます。あっとおろどくラストの展開は見ものです。(50代女性)

ネタバレあり

大好きな湊かなえさんの作品ということですごく期待していたのですが、期待を超える真相とその伏線回収にとても感激でした。序盤からずっと容疑者扱いされ続けた城野美姫が容疑者ではないのはすぐにわかりましたが、SNSに翻弄される世間があらわになっていて、改めて恐怖を感じました。最後に城野美姫は強い女性となって、彼女を追い詰めたジャーナリストに希望を与える側の人間になりますが、私だったら疑いが晴れてもあんなに強くはなれません。(20代女性)
色んな人が語っている風の映画なんですが、それがちょっと斬新で、小説を読んだのもありますが、その世界観は壊れていなくてよかったです。井上真央のびくびくした演技が何気に良かったかなと思っています。OLの社内の雰囲気だとか美しい人に憧れる気持ちなんかをよく描けています。しかし、最後の方は、尻すぼみで、結局何が言いたかったのという感じでした。殺人をした人の気持ちもあっさりしすぎていて全く共感できなかったです。(30代女性)
白雪姫殺人事件は原作を読んでから見た映画です。湊かなえさんのイヤミス加減が上手く表現されていたと思います。女の嫉妬や僻み、陰口なんかがリアルで追い込まれていく主人公はSNSなどで好き勝手に誹謗中傷されていくのがリアルでした。現代っぽい話ですよね。誹謗中傷されていく中で自分は一体どういう風に思われていたのかを知った主人公が「私ってこんな?」と考えるシーンが印象的でした。原作のファンでも十分に楽しめる作品です。(40代女性)
原作未読のまま観たのですが、普通に面白いサスペンスものというような感じでした。ただ正直、どちらかとテレビスペシャルのような内容で、映画化するほどのものではなかったような気がして、私はそこまで心に残ってはいません。
ただ唯一良かったのは、最後まで犯人がわからず、飽きずに観ることができたことと、井上真央さん、そして菜々緒さんの対照的な役柄と演技がとても魅力的だったことです。役柄のせいか、この映画を観てから、井上真央さんの好感度が上がりました。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました