レンタネコ/あらすじとネタバレと感想

レンタネコ 2012年の邦画

レンタネコの概要

制作:2012年 日本
監督:荻上直子
出演:市川実日子、草村礼子、光石研、他

レンタネコの見どころ

レンタネコを生業としている女性が今年結婚することを目標にしながら、猫を借りる女性たちのさみしさに触れていくというストーリー。なお、レンタネコは猫が死ぬまでか猫の面倒が見れなくなった時までで料金は千円。主人公は株で儲けて生活している。

レンタネコのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京の平屋の日本家屋で猫に囲まれて生活しているサヨコ。二年前に祖母を亡くし、猫をリアカーに乗せてレンタネコという猫をレンタルする仕事をしていました。サヨコは昔から猫が寄ってくる性質で、猫には困りません。しかし今年こそは結婚したいという事で人間にも寄ってきてもらいたいと思うのでした。
レンタネコを宣伝しながら猫をリアカーに乗せて歩いていると、上品そうな老婦人寿子が呼び止めます。サヨコは猫を貸すのがいいが審査があるといって、猫が住むに適した家かどうかを見に行きました。寿子は茶トラを亡くしてから、自分も老い先短いことから猫を飼うのを悩んでいました。そして、私が他界するまでという条件で14歳の茶トラをレンタルします。そしてレンタル料1000円と言われ寿子は驚きますが、サヨコは株で儲けているのでそれでいいと言いました。
それから少しして寿子が亡くなった知らせを寿子の息子から連絡を受けたサヨコが茶トラを引き取りに行くのでした。そこで猫を見たサヨコは寿子も茶トラも幸せな日々を過ごしたことを知ります。
またある日、サヨコはサラリーマンの吉田五郎にレンタネコを申し込まれます。単身赴任の五郎は一人でさみしく、家に帰っても娘に冷たくされていました。さみしさを紛らわすために猫を貸してくれと言います。サヨコは加齢臭が好きな猫を単身赴任が終るまで五郎に貸し出します。そして五郎は猫に癒されて行くうちに、猫をレンタルではなく引き取りたいと願いだします。

ネタバレと結末

サヨコは五郎に最後まで看取る事を条件にして猫を託しました。
サヨコは結婚したら新婚旅行はハワイに行くと決めていました。そのためハワイ旅行が当たる!と書かれたのぼりにフラフラと入って行くとそこはレンタカー屋で、受付の吉川恵に待ち人が来るまでと言って猫を貸し出します。後日、恵から連絡があり引き取りに行くと自分でレンタカーを借りたらハワイ旅行が当たったからと言うのでした。
ある日サヨコは中学の同級生吉沢シゲルと再会します。猫を借りたいと言われますが昔から信用の置けないシゲルには貸せないと拒否します。しかしシゲルは家まで付いてきて一緒にビールを飲むことになります。昔話をした後に急にシゲルはインドに行くと言って出て行きました。その後、刑事が家に来て窃盗犯としてシゲルを追っていると言います。シゲルに少しだけ結婚を期待していたサヨコは落ち込みました。
サヨコは人の心を癒す猫と居ながら、自分も癒されているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました