きみにしか聞こえない/あらすじとネタバレと感想

きみにしか聞こえない 2007年の邦画

きみにしか聞こえないの概要

制作:2007年 日本
監督:荻島達也
出演:成海璃子、小出恵介、片瀬那奈、石川伸一郎、高田延彦、羽田実加、坂田梨香子、中野英雄、他

きみにしか聞こえないの見どころ

乙一の小説『Calling You』を元に実写映画化。
孤立している女子高生は自分だけが携帯電話を持っていないことで劣等感と憧れを抱き、ある日公園でおもちゃの携帯電話を拾ったことから男と会話し、男は死んでしまう。そして男はろうあ者だったことがわかり、これからは一人でちゃんと歩いていく・・・というストーリー。
キャッチコピーは「はじめての声は、はじめての恋になる。」「切なさの「今」を描いたスローラブストーリー」

きみにしか聞こえないのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

傷つきやすく内気な女子高生リョウ(成海璃子)は、友達もおらず携帯電話も持っていなかった。友達だけではなく家族ともほとんど会話をせずに済ませている位でした。
ある日、リョウは公園でおもちゃの携帯電話を拾いました。その後、自分だけ聞こえるおもちゃの携帯電話の呼び鈴が鳴り、恐る恐る出てみると電話の相手はシンヤという若い男からでした。
シンヤと話をしているうちに、電話ではなく頭の中で会話ができることに気が付きます。そしてお互いの周りを確認してみると、二人の間に一時間のずれがある事がわかりました。
リョウは女子高生ですが、シンヤはリサイクルショップでアルバイトをしていました。よって、シンヤは壊れたものを治すのが得意だそうです。シンヤは今、オルゴールを治しており、このオルゴールが治ったらリョウに会いたいと言いだします。しかし会話はできるものの、リョウは会って話をすることが怖いと感じるのでした。
ある時、学校の授業で教科書を読むことを指示されたリョウは声の小ささから教師にてがわれて深く落ち込みます。リョウはシンヤに打ち明けると、シンヤは週末に鎌倉に行かないかと誘ってきました。シンヤの案内で鎌倉を歩き、シンヤはリョウを励まします。そしてシンヤはリサイクルショップまで案内すると、店長はリョウにシンヤからの預かり物を渡します。リョウはラジカセとシンヤからの手紙を受け取り、リョウの声を録音して聞かせて欲しいとありました。

ネタバレと結末

それからリョウは自信が出てきて声も大きくなり、家族の関係もうまくいくようになります。
そしてリョウは仕事で東京に来ることになったシンヤと会う事になりました。当日、リョウは車に轢かれそうになりとある青年がかばって助かりました。代わりに青年は亡くなりますがその青年はシンヤだったのでした。リョウは時差を利用して助けようとしますがしますがシンヤの事は助かりませんでした。葬式に出て、シンヤの祖母の所に行くとシンヤはリョウと出会ってから明るくなり、ろうあ者なのにリョウの声を何度も聞き返していたこと。最後にシンヤは手話で”ひとりじゃない”と示していたことを教えてもらいます。
リョウはシンヤの事を胸に、前を向いて歩いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました