苦役列車/あらすじとネタバレと感想

苦役列車 2012年の邦画

苦役列車の概要

制作:2012年 日本
監督:山下敦弘
出演:森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、他

苦役列車の見どころ

家族も悲惨、自身も日雇いで稼いだ金は酒と風俗で使い果たし、はじめて友達ができるものの関係をすべてぶち壊すほどの無神経さ。小説と出会い小説家を目指すというストーリー。
キャッチコピーは「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」

苦役列車のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北町貫多(19歳)は小学五年の時に、父が性犯罪を起こして一家離散します。
中学を卒業してからは日雇いをしながら日々をなんとなく生きていました。貫多の楽しみは読書でした。
日雇いで稼いだ金はほぼ酒と風俗につぎ込み、その日暮らしです。そんなある日のこと、貫多は移動バスで同い年の専門学生の正二と知り合い、生まれて初めての友達ができます。正二はバイトとして日雇いに来たのでした。
そして貫太と正二が休憩していると、歌手を目指している高橋がやってきて若いんだから夢を持て。と先輩面してきました。貫多はそんな高橋が嫌いでした。貫多はよく行く古本屋の康子に片思いしています。しかし話しかけることもできずにただ見ているだけなのでした。
ある日、貫太と正二は休まずに仕事に来ているという事で倉庫番見習いへと昇格しました。倉庫番になれば冷たい弁当ではなく、暖かい食堂で定食が出るのでした。二人はますます仲良くなり、真面目な正二に貫多は風俗を教えるほどでした。ある夜に二人で貫多の古本屋に行き、正二が康子に貫多と友達になってやってくれと頼むと康子がOKしてくれます。貫多は人間関係をまともに築いたことがないので、友達=やれる。と思い込んでしまいました。少しづつ距離を縮めていくという方法は貫多の頭の中にはなく、正二は人間関係の築き方を教えて行きます。ある日貫多は強引に康子の家に上がり込みますが何もできませんでした。
康子は隣の老人の下の世話までしていました。思わず笑ってしまい、帰り際に康子に彼氏がいる事を知らされます。貫多は何を思ったのか康子の手をなめて帰ります。

ネタバレと結末

長らく貫多は家賃を滞納しており、ついに追い出されてしまいます。正二に五万借りて三畳一間1万円に引っ越し、そこではじめて正二に父親の事件を告白します。正二は受け止めて貫多の事を認めます。そして古本屋に行き康子に貫多がした行為を許してくれと頼むのでした。
その頃高橋が仕事中の事故で足の指を二本切断しますが労災すらおりませんでした。そして高橋は貫多に夢を持ってもどうしようもないと真逆なことをいい始めます。貫多は何か書きたいと言いますが、高橋に中卒にかける訳がないと言われます。そして正二に彼女ができ、紹介された貫多は「ふだんはオナニーか?」とてがい、この事で正二を怒らせてしまいます。職場でも問題を起こし、居場所のなくなった貫多が康子の古本屋に行くとバイトを辞めていました。三年後、古本屋を家のように居座りやりたい放題の貫多は、食堂でテレビで高橋がオーディションを受けていることを知ります。他の客とチャンネル争いになった貫多は殴られてパンツひとつで野原に放り出されます。それでも高橋のインパクトは強く、貫多は一心不乱に筆を走らせるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました