ソロモンの偽証 後篇・裁判/あらすじとネタバレと感想

ソロモンの偽証 後篇・裁判 2015年の邦画

ソロモンの偽証 後篇・裁判の概要

制作:2015年 日本
監督:成島出
出演:藤野涼子、板垣瑞生、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子、他

ソロモンの偽証 後篇・裁判の見どころ

宮部みゆきの最高傑作と言われている小説を前編後編で実写映画化。このページは後半のものである。
とある中学の校内で転落死した同級生の死をめぐり、犯人を捜す校内裁判が行われるというストーリー。ようやく犯人が見つかりますがやっぱり自殺。

ソロモンの偽証 後篇・裁判のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

いよいよ学校内裁判が始まります。
樹里の母はTV報道番組「ニュースアドベンチャー」の茂木に密告の電話をし、樹里の告発の学校裁判をやめさせて欲しいと電話した時にうっかり「樹里」と言う名前を出してしまい、茂木にばれてしまうのでした。茂木は涼子に近づき、裁判をテレビで流させてほしいと言います。涼子は拒否し担任の手紙も隣人の嫌がらせだったことを茂木に告げました。涼子は野田と樹里に裁判に出るように説得します。
そうしてやっとのことで裁判が始まり、生徒だけではなく柏木や松子の両親をはじめ、他の大人たちも来ていました。裁判は5日間にわたり続きます。
嫌がっていた大出や樹里も参加していました。初日は事件の概要の説明です。担当していた刑事佐々木も出廷します。佐々木は自殺を主張し、主尋問で神原がイジメていた大出たちの素行の悪さを話します。しかし殺すほどではないと主張しました。
二日目は元担任が出てきて隣の女に嫌がらせされており、告発文も消滅させられ、事件の後も頭を殴られていると言います。しかし元担任は柏木とちゃんと向き合えていなかったと謝りました。
三日目、樹里が出廷し告発文はすべて松子のせいだと罪を擦り付けました。
四日目、大出のアリバイを崩す家に居たことを証明する証人が出てきます。大出の弁護人神原は弁護人なのに大出の悪さを暴露することばかりを並べ、いじめられた方の気持ちを考えたことがあるのかと大出に問います。大出は黙り込みました。
途中で涼子は榊原が犯人なのではないかと思い始めます。

ネタバレと結末

涼子は柏木の通話記録を調べると公衆電話が出てきて、神原と一致するのでした。
五日目は論告の日です。涼子は新しい証人を二人連れてきます。そして公衆電話を使って柏木に電話をしていたのは神原だと指摘します。
すると神原は全てを話し始めるのでした。
事件の日、神原は柏木に呼び出されて屋上に行きます。神原は父が母を殴り殺したという辛い過去がありました。柏木は辛い過去を乗り越えるという意味で、両親との思い出の地を回るゲームを提案されて神原はゲームを攻略しました。しかし柏木は神原が泣いて辛いことで心が染まってしまうと思い込んでおり、思うように動かない神原に腹を立て罵倒しだしました。そして神原も柏木は友達だと思っていたのにそんなに残酷なことができると知りショックで柏木を無視して帰ろうとすると、柏木が「自殺する」というが無視して帰った。その後柏木は本当に自殺し、次の日に神原はそのことを知ります。
・・・裁判の判決が出ます。大出は無罪。神原は自分から殺人罪として裁いてくれと言いますが、誰も裁くことはできません。そして閉廷しました。クラスメイトたちは絆を深めて笑い合って別れていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました