神様のカルテ2/あらすじとネタバレと感想

神様のカルテ2 2014年の邦画

神様のカルテ2の概要

制作:2014年 日本
監督:深川栄洋
出演:櫻井翔、宮崎あおい、藤原竜也、他

神様のカルテ2の見どころ

夏川草介の小説を深川栄洋監督が映画化第二弾。
医療の中でどうしても起こってしまう医師の心の葛藤を描いたストーリーである。

神様のカルテ2のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

栗原一止(櫻井翔)は内科医で本庄病院に勤めています。
本庄病院では専門外の診療をしたり、当直で睡眠がとれないほど繁盛していました。三日寝れないこともあるくらいです。
365日24時間、医師として働く栗原を妻の榛名も懸命に支えています。
今日も栗原は急患を処置をしていて定例会に遅れます。そこに事務長である金山は病院はビジネスであることを伝え、病床稼働率を上げ、栗原の診療時間を短くすることを指示します。患者はビジネスではなく、気持ちも聞いてあげたい栗原は反発を覚えるのでした。
そしてある日、栗原の昔からの友人である進藤辰也が本庄病院に入ってきます。しかし昔の誠実さが無くなっており、やる気も見れずに定時に帰ろうとする進藤と、栗原やスタッフと揉めるようになります。
同じころ御嶽荘にも新しい住民が入ってきました。住民たちと将棋を指しながら、栗原は進藤の事を回想します。進藤は千夏と付き合っており二人とも医学の道に進学した後結婚して一人の娘が居るはずでした。
正月になり栗原夫妻は貫田夫婦と偶然出会い、同じ時間を過ごします。
栗原と進藤は休日出勤になり、栗原が急いでいくも進藤と言い争いになってしまいます。
ある日貫田夫妻の夫が突然倒れます。ステージ4Bの悪性リンパ種であり、大学病院に行くことよりも栗原の居る本庄病院に居ることを望みました。
そこに進藤の娘が運ばれてきます。そこで栗原は進藤夫妻の事を耳にします。千夏は出産後復帰したものの、担当した子供が亡くなりその親に責められたことが原因で仕事の事ばかりを考えるようになったそうです。前とは変わってしまった妻を見て、進藤は娘を連れて本庄病院に来たという訳でした。

ネタバレと結末

進藤は仕事を雑にしている訳でなく、娘の事情も加わって少しづつ本庄病院に打ち解けていきました。
貫田の状態はどんどん悪くなり、自分自身でも悪くなっている自覚がありました。自分が死んでしまう前にカルテをまとめて栗原に渡します。栗原夫婦は貫田夫妻へと病院の屋上で星空を見るイベントをして、貫田の最後をも見送りました。しかし星がよく見えるようにと病院の電源を落としてしまった栗原は事務長に詰め寄られます。とにかく金の事しか頭にない事務長を見て病院長は話しの経緯を聞きおとがめなしになりました。進藤は長く会ってなかった千夏に連絡し、家族は元通りになり、栗原は榛名が出産して終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました