さよならドビュッシー/あらすじとネタバレと感想

さよならドビュッシー 2013年の邦画

さよならドビュッシーの概要

制作:2013年 日本
監督:利重剛
出演:橋本愛、清塚信也、他

さよならドビュッシーの見どころ

中山七里の小説で第8回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作を実写映画化。
裕福な家に育った少女が大火事に巻き込まれ、生き残りとなるが自身も大やけどを負う。遺産12億がはいるものの、ピアノのためにしか使えないと言われ託された少女がリハビリと特訓をしながらピアノを続けるが、彼女の遺産関係の人物が次々と不可解な事件に巻き込まれて行くというストーリー。

さよならドビュッシーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

プロのピアニストを目標に頑張っている香月遥、16歳高校生です。
遥は両親と祖父の玄太郎と叔父、帰国子女でいとこの片桐ルシアと暮らしていました。ルシアの両親は発展途上国の危険な国で拉致されてそのまま亡くなってしまいます。
しかしルシアは遥たちと一緒に暮らしながらピアノを習って暖かく育ちます。ある時、玄太郎が暮らしている離れが家事になり、玄太郎と遥、ルシアが巻き込まれてしまいます。遥以外は炭のようになってしまっていて、遥自身もおおやけどを負ってしまいます。遥は危機一髪で移植手術を受けて助かります。
そして祖父の死により遺産相続が行われ、遥にも12億が入りました。しかし条件付きで、プロのピアニストになること。手術をした新条先生の励ましもあり、遥は頑張ってリハビリをして再びピアノを弾くことにします。それまでピアノを教えてくれていた鬼塚先生は、遥の後遺症を考えて無理だと言います。学校でも転校を促されますが、そんな遥の指導をしたいと名乗り出たピアニスト岬洋介が遥のレッスンをしだします。
時を同時に、遥の周りで地味な嫌がらせが始まります。命の危険を感じるようになり遥は危険を感じるのでした。母も階段から突き落とされて意識不明の重体です。しかし遥は愛知県ピアノコンクールに向けて練習を重ねます。

ネタバレと結末

遥の周りの不可解な事件は祖父の付き人であった綴喜みち子でした。遥が遺産目当てで祖父を殺したと聞いたみち子がやっていたのです。みち子は警察に自首します。
・・・そこで遥の正体がルシアだとわかります。事件の日、遥とルシアはTシャツを交換しており、事件の後目を覚ました時に、遥の母に「遥が生きていてよかった」と言われたことから遥に成りすましていたのでした。それは遺産狙いでもなんでもなく、ただ、遥の母にとってその方がいいという思いでした。しかし耐えられず遥の母に真実を話したことにより、遥の母が謝って階段から落ちたという訳でした。
そして岬にも本当の事を話し、改めてコンクールを目指します。そしてコンクールの日、頑張ってドビュッシー「月の光」を演奏して倒れます。その頃遥の母も目を覚まし、ルシアはコンクールで優勝するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました