めがね/あらすじとネタバレと感想

めがね 2007年の邦画

めがねの概要

制作:2007年 日本
監督:荻上直子
出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、他

めがねの見どころ

「携帯電話が通じないところに行きたい」という理由で島に来て民宿に泊まり、不思議な人たちと過ごしていくうちにいつの間にか忘れていたものを取り戻すというストーリー。
キャッチコピーは、「何が自由か、知っている。」

めがねのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

日々慌ただしく過ごしているタエコは携帯電話もつながらないほど田舎に行きたいと思い、南の海辺にひとりプロペラ機から降ります。タエコは身の回りの必需品だけを持って予約している民宿に向かいます。
そこは小さな宿ハマダでした。ユージと高校教師のハルナが経営しており、タエコが来るのを待っていました。ユージの書いた地図を頼りにタエコがハマダに着くと「ここにいる才能がある」とユージに言われます。タエコはインテリアも落ち着くし、ゆっくり休めそう。ここで良かったと思いますがタエコはすぐに勘違いだと気が付きます。ユージがみんなで外で食事を食べようと誘い、タエコは一人で食事がしたいと断りました。するとタエコの分の弁当まで持って行ってしまいタエコは何も食べれないまま寝るしかありませんでした。次の日、朝目を覚ますと枕元にかき氷屋のサクラが居ました。無視して二度寝していると外からなにやら音楽が聞こえてきて、行ってみると島の人たちが変わったメルシー体操というのをしていました。そしてタエコにも誘いますが、また断りました。
朝ごはんにはサクラも同席し、タエコは観光場所を聞きますがこの島はたそがれる場所だと言われます。
海辺ではサクラがかき氷を売り、タエコは店で買ってきた毛糸で編み物をしだします。そして夜はまたみんなでバーベキューをすると言います。一人でゆったりしたかったタエコは期待外れだと思い断りました。
そして別の旅館に行こうと思います。

ネタバレと結末

マリンパレスという島のもう一つの宿に着くと、強制的な勉強会と畑仕事。それに宇宙に敬意を払うと言われて即出ました。歩いてハマダに帰ろうとしていると、ハルナが自転車で迎えに来てくれました。次の日の朝、ハルナになぜ島に来たのか聞かれて「電話のつながらない所に来たかった」と言うのでした。
その日からタエコは島の暮らしになじんでいきます。心に余裕がやっと帰ってきたのでした。タエコは春に来て夏になると帰りました。長い休みを終えて元の場所に帰ったのでした。
そしてまた春が来ると、みんなで示し合わせたように島に集まり、おだやかに夏が来るのを待ち島で過ごし時間が経つのをゆっくりと感じてたそがれるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました