続・深夜食堂/あらすじとネタバレと感想

続・深夜食堂 2016年の邦画

続・深夜食堂の概要

制作:2016年 日本
監督:松岡錠司
出演:小林薫、河井青葉、池松壮亮、キムラ緑子、小島聖、佐藤浩市、オダギリジョー、他

続・深夜食堂の見どころ

安倍夜郎の人気漫画を実写映画化。テレビドラマの続編である。
繁華街の路地裏に夜遅くから開く食堂を営む店主の元に集まる、懐かしい味に舌鼓を打つお客さんとのヒューマンストーリー。

続・深夜食堂のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新宿歌舞伎町の路地裏では、家に帰る人たちとは反対に店を開ける「めしや」のマスター。
営業時間は夜の12時から朝の7時まで。やってくるお客も一筋縄ではいかないが、無口なマスターは客の希望を取り入れつつメニューを出していきます。メインは豚汁定食と酒。後は材料があれば出すという感じです。
さて、いつもの常連客でにぎわっていました。最近は喪服でやってくる客が増え、客の周りでは不幸が続いているようでした。
そんな深夜食堂に葬式でもないのに真っ黒なゴスロリ娘がやって来ます。最近の常連の赤塚範子でした。
範子はいつも通り焼肉定食を頼みます。範子は嫌なことがあると喪服のような恰好をして街を歩いてストレスを解消しているのでした。範子は出版社に勤務しており、たびたび仕事に詰まっていました。コロコロと変わる担当に嫌気がさしていた上に大御所作家の死亡第一発見者になってしまいました。本当の喪服を着て葬式に行ったとき、大御所作家の元担当という人と出会い、意気投合しめしやに連れてきます。そしてアドバイスをもらい、範子はやっと前向きになれたのでした。
しかしその後範子の元に刑事が来ます。元担当と言っていた男は香典泥棒の常習犯だったのでした。範子はまた落ち込んで喪服を着て歩くのでした。そしてマスターにその話を聞いてもらっている時に範子の父が倒れたと連絡があり実家の富山に帰りました。しかし次に来たときに範子は婚約者を連れてきたのでした。
夫の17回忌が終った高木聖子が喪服で深夜食堂めしやに来ます。義理母と蕎麦屋をやっていたのですが、子供ももう大きくなり、義理母が倒れた後は蕎麦屋を手伝っていましたが、聖子は蕎麦屋を閉めようと思っています。
息子もまた蕎麦屋を考えてマスターの所に来ます。
マスターはその頃常連のルミがさおりという女性を連れてきました。さおりは15歳年下の男性に結婚を申し込まれているが年齢差があるので迷っていました。それを聞いた聖子が応援します。家に帰ると聖子が息子に結婚したい人がいると言われます。しかし聖子は一方的に反対して話を聞きませんでした。

ネタバレと結末

めしやで聖子がさおりと飲んでいると聖子の息子がやってきて、聖子は息子に「この人と結婚しなさい」というとなんと聖子の息子の彼女はさおりだったのでした。しかし聖子は突然の事で頭が付いて行かず、その場を飛び出します。そして息子には相変わらず結婚を反対するのでした。マスターはそっと聖子に息子の打ったそばを出します。母の思いと息子の思いが伝わった瞬間でした。
初老女性の小川夕起子がオレオレ詐欺に騙されていました。常連の巡査に引き渡し、不安になった夕起子は息子に会うまで東京に居るといい、マスターは二階に部屋を貸します。あまりにも息子と連絡が取れないので夕起子認知症説を疑い始めますが、義理の弟が来て昔、息子を置いてきたことが忘れられないだけだと言います。夫が心配して息子の身元を調べますが息子には会わないと言われていました。その事を黙っているため、夕起子はいつまでも息子の事が忘れられないのでした。常連が力を合わせ夕起子に少しだけ息子が幸せな姿を見せるのでした。そして心に染みる豚汁を食べ、田舎に帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました