深夜食堂/あらすじとネタバレと感想

深夜食堂 2015年の邦画

深夜食堂の概要

制作:2015年 日本
監督:松岡錠司
出演:小林薫、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、余貴美子、筒井道隆、菊池亜希子、田中裕子、オダギリジョー、他

深夜食堂の見どころ

安倍夜郎の人気漫画を実写映画化。テレビドラマの続編である。
繁華街の路地裏に夜遅くから開く食堂を営む店主の元に集まる、懐かしい味に舌鼓を打つお客さんとのヒューマンストーリー。

深夜食堂のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新宿歌舞伎町の路地裏では、家に帰る人たちとは反対に店を開ける「めしや」のマスター。
営業時間は夜の12時から朝の7時まで。やってくるお客も一筋縄ではいかないが、無口なマスターは客の希望を取り入れつつメニューを出していきます。メインは豚汁定食と酒。後は材料があれば出すという感じです。
さて、いつもの常連客でにぎわうめしやに常連のマリリンが誰かの忘れ物を見つけます。それは骨壺であり、引き取りに来るのをしばらく待っていましたが、いつまで経っても取りに来ませんでした。そして困ったマスターは客のたまこにこの話をしました。たまこはずっと愛人で、パトロンは一週間前に亡くなってしまい葬儀にも行けずじまいでした。そしてパトロンにとって自分はどんな存在だったのかと落ち込んでいたのでした。そして遺産を残すと言っていたものの口約束だけで、遺言書にもたまこの事は書かれていなかったそうです。
その後マスターは骨壺を交番に届けました。交番の巡査曰く、骨壺はわざと置いていくものが多く、無記名なものが多いと言います。マスターは色々考えてしまうのでした。
しばらくしてたまこは常連の西田と仲良くなります。二人は同棲するようになり店でもいちゃついていたのですが、ある日たまこが西田を捨てるのでした。どうもパトロンが遺産をたまこに残していて西田を捨てたというのでした。そこにたまこが現れて、大金が入ったからみんなに奢ると言いますが深夜食堂の空気は重く、冷たくなりたまこは店を出て行きます。

ネタバレと結末

ある日マスターは腱鞘炎になりました。そして交番に預けていた骨壺を引き取ります。
そこへ転がり込んできたネットカフェで寝泊まりしていたみちるをひょんなことから雇い、店の二階で骨壺と一緒に寝泊まりさせます。腱鞘炎が良くなってきたころ、みちるを訪ねて長谷川という男が来ます。みちるの金をそそのかして取り上げて、居なくなりまた金が無くなったからみちるに近づこうとしたのでした。その事を知った常連の巡査がみちると婚約したとウソをつき長谷川を返します。そしてそこにいた老舗のおかみがみちるを雇う事になりました。
その後骨壺の主の女性が現れます。元夫の骨壺で25年前に妊娠していた女性を捨てて行った元夫のものでした。その後再婚して子供も大きくなった時に元夫の訃報が入り、息子と取りに行ったものの深夜食堂で息子が置いて帰りたいと言ったので置いて帰ったそうです。息子は今の父に遠慮していたのでした。女性は供養した寺の名前を聞いて帰りました。
そして冬になり、深夜食堂めしやではミチルが来て、あったかいご飯を囲んだ常連客とマスターの姿がありました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました