クヒオ大佐/あらすじとネタバレと感想

クヒオ大佐 2009年の邦画

クヒオ大佐の概要

制作:2009年 日本
監督:吉田大八
出演:堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、他

クヒオ大佐の見どころ

吉田和正の『結婚詐欺師 クヒオ大佐』を実写映画化。
自称アメリカ軍特殊部隊のパイロットでエリザベス女王とも血縁関係にあると言う実際の結婚詐欺師の話を元に次々と女をだましているクヒオ。実際はバリバリの日本人で一億近くの金を女から奪い取ったというストーリー。

クヒオ大佐のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

米軍特殊部隊のパイロットと自称するクヒオ大佐は、父はカメハメハ大王の末裔で、母はエリザベス女王の遠い親戚と自称しており、片言の日本語ですが見た目はバリバリの日本人でした。彼の経歴はあくまでも自称。すべてでたらめです。芸もマメで整形手術で鼻をびっくりするほど高くして見せていました。
そんな彼の本職は「結婚詐欺」です。日本では常習犯で被害届も出ているほどです。
1990年ごろ、クヒオ大佐は永野しのぶをターゲットにします。しのぶは弁当屋を切り盛りしており、クヒオ大佐はしのぶに結婚をちらつかせて金を巻き上げます。しのぶは弁当屋と言っても小さなもので、巻き上げるのも50万弱という小さなものですが、クヒオ大佐は結婚すれば軍から5000万の祝い金が貰えるとしのぶに言っていました。しのぶは他の男を知らず、コロッと騙されたのでした。
次にクヒオ大佐は自然科学館の学芸員をしている春に近づきました。春は失恋したばかりでコロッとクヒオ大佐に騙されてしまいます。
そして高級ラウンジに勤める未知子にも近づき、金持ちのそぶりを見せラウンジに出入りします。しかし未知子はクヒオ大佐の正体を見破っており、逆にクヒオ大佐におねだりします。
ある日のこと、クヒオ大佐にしのぶの弟から詐欺師を見破られ、金を自分に渡せと言われます。しのぶの弟は流暢な英語でクヒオ大佐に話し、クヒオ大佐を脅します。
ある日未知子の客が横領で逮捕され未知子の元にも刑事がやってきます。それを見たクヒオ大佐はすぐに逃げ出すのでした。

ネタバレと結末

未知子はやんわりとクヒオ大佐の事を話し、捜査がクヒオ大佐に行くようにします。
そんな時、春は街でクヒオ大佐を見つけ後をつけると軍服のレプリカのお店に入って行き、春にも正体がばれてしまいます。春はクヒオ大佐に詰め寄ります。
クヒオ大佐はしのぶの弟に100万よこせといわれ、またもやしのぶを騙して100万もらい、しのぶの弟に渡すのでした。しのぶは弁当屋のパートに給料未払いになってしまい、詰め寄られているところにしのぶの弟が帰ってきて金の出所にピンと来て「あの男は詐欺だ」と言います。
その頃警察はクヒオ大佐を逮捕するために動いていました。しのぶはクヒオ大佐に心中しようと詰め寄り、最後の食事として弁当を食べますがしのぶに毒キノコを入れたと言われ生きた心地がしませんでした。
が、毒キノコはしのぶの勘違いで何もなかったのでした。
クヒオ大佐は北海道に生まれ、父に暴力を振るわれいつも空を見ていたことからパイロットと偽り、逮捕されてからも空想に浸ります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました