あなたへ/あらすじとネタバレと感想

あなたへ 2012年の邦画

あなたへの概要

制作:2012年 日本
監督:降旗康男
出演:高倉健、田中裕子、佐藤浩市、草彅剛、余貴美子、綾瀬はるか、三浦貴大、大滝秀治、長塚京三、原田美枝子、浅野忠信、ビートたけし、他

あなたへの見どころ

高倉健最後の主演作品。
刑務所で指導教官をしている男に届いた死んだ妻からの一通の手紙。それは故郷の海で散骨して欲しいという妻の願いだった。妻の真意を知るために車で一人旅をすることにし、夫は妻への愛を知ることになるというストーリー。

あなたへのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

富山刑務所で指導教官をしている倉島英二は、ある日亡くなった妻の洋子から二通の絵葉書が届きます。
一通目は感謝の絵葉書。二通目は故郷の海に散骨して欲しいという洋子の願いでした。
倉島は妻の願いを叶えるために長崎県平戸に車で一人旅をしていくことにしました。後輩である塚本に辞表を出しますが、塚本は受け取らず休暇扱いにしました。富山を出発して飛騨に着くと、杉野という同じく一人旅をしている男と会いました。杉野もまた妻を亡くして車で旅をしており、車旅のコツを教わります。杉野は国語の教師をしていたと言いました。杉野は倉島に種田山頭火の詩を熱く語りました。その日は同じオートキャンプ場に車を停め、次の日杉野は倉島の車に山頭火の本を置いて黙って去っていました。
京都に入り、駐車場でその本を読んでいると窓をノックされます。バッテリーが上がったのでつないで欲しいという男でした。しかしエンジンはかからず、大阪まで急いでいるというので乗せて行きます。その男は全国を回る実演販売をしており、いつの間にか倉島も手伝います。ふと洋子の事を思い出しますが、当然洋子はいません。少しづつ妻が本当に居なくなったことを実感していきます。その後、男の後輩である南原に会い、平戸に行くことを言うと平戸出身者である南原が船なんかで困ったことがあれば電話をくれと連絡先を交換します。
次に竹田城跡に行き、景色を見ていると杉野が駐車場に入ってきます。話し込み、杉野の妻も病気で亡くなったことを聞いていると警察が来ます。杉野は車上荒らしで指名手配されていたのでした。

ネタバレと結末

平戸に到着した倉島はやはり船の手配に困り、南原に電話するも南原の知り合いからも拒否されてしまいます。散骨という目的で船を出すのはやはり困難でした。食堂に入り経営者の多恵子と知り合い、丁度嵐になったことから多恵子の家に泊めてもらいます。多恵子もまた海で夫を亡くしていました。そして娘の奈緒子が結婚することなどを話し合います。
翌日、もう一度南原の知り合いに掛け合い、船を出してもらう事を承諾してもらいます。無事に散骨し、南原に奈緒子の結婚写真を渡します。・・・南原は行方不明となっている多恵子の夫なのでした。
南原は倉島に懺悔のように反省を語りますが、倉島は刑務所用語の鳩を飛ばす。(外部に連絡するだけ)と言って今自分がしているのはまさしくその事だと言って、南原は半泣きで倉島はその場を後にします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました