硫黄島からの手紙/あらすじとネタバレと感想

硫黄島からの手紙の概要

制作:2006年 アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、他

映画「硫黄島からの手紙」日本版劇場予告

硫黄島からの手紙のあらすじ

硫黄島からの手紙のみんなの感想

ネタバレなし

アメリカ人のクリントイーストウッドが監督をしていますが、日本人から見ても日本人の描き方に違和感がなく秀逸な戦争映画だと思います。決してアメリカを美化したりせず、必要以上に戦闘シーンを過激に見せたりもしていません。ただ本当に戦争を見ているような感じでした。私の一番好きな戦争映画です。栗林忠道を演じた渡辺謙の存在感が圧倒的で、日本本土を守るために1日でも長く硫黄島で戦って米軍を食い止めるんだと言うセリフにはジーンときました。映画の公開後に栗林中将に関する書籍が売れていたように、リーダーとしてのあるべき姿を感じさせられました。また、嵐の二宮演じる西郷が作品を通して成長していく姿が感じられてよかったです。(30代男性)
嵐の二宮和也くんが凄く良かったです。流石、あのクリント・イーストウッドが認めただけあると思いました。この映画は、渡辺謙さんを始め、日本から凄いベテランや個性的で実力のある俳優さんがが沢山出演されていましたけど、その中でも二宮くんの存在感はハンパなく凄かったです。ごく普通のパン屋さんだった少年の役なのですが、最後に凄い見せ場がありましたし、スクリーンに二宮くんが映ると自然に目が惹きつけられるというか。二宮くんは凄く演技力があると、凄く俳優として魅力があると思ってはいましたが、この映画ではその力を存分に世界に向けて見せつけた・・・と言っても過言では無かったと思います。(40代女性)

ネタバレあり

感想としては、渡辺謙さんと中村獅童さんの「存在感」と「雰囲気」が何とも言えない味のあるものでしたね。確かもう10年以上前の作品かと思いますが、ハッキリと覚えております。
海軍中尉役の中村獅童さんは、最初「虚勢を張って」いるのですが、敵の戦車を待っている時に取り乱すシーンが何とも「人間らしい」ですよ。
もうひとつ印象に強く残っているシーンとしては、地下に張り巡らされたトンネルの中に、アメリカ軍の容赦ない火炎放射器での攻撃にさらされる日本兵の断末魔はとても怖かったです。映画を見ていて「この日本兵どんなに苦しかったろう」と考えた事を思い出します。
最後になりますが、渡辺謙さんが最期のシーンで自決(部下に自分の首を切り落とす様に命令)するシーンは、「昔の日本の男」を見た気がしました。(20代男性)
二宮の演技にグッと引き込まれる映画でした。もちろん二宮の演技だけではなく、この映画のストーリー展開も、絶対に1度は見てほしい!なんていう感じで人におすすめできる映画ですね。
でもこうやっておすすめできる映画だと言っている自分ですが、観ていると辛いシーンがたくさん出てくるので、複雑な気持ちになりながら観てしまいます。
シーンのリアルさにも驚くのですが、それだけではなく最後の自害は、何とも言えない気持ちになり、胸が苦しくなります。
日本の映画だと思って観ていたのですが、これ、アメリカ制作の映画なんですね。最後の最後までガッツリ衝撃を受けた映画でした。観ていて辛い気持ちになるけれど、もう一度観たいですね。(30代女性)
玉砕することを良しとせず、一日でも長く硫黄島を守ることが日本の本土を守ることになるという、太平洋戦争中の玉砕を美徳とする司令官が多い中、真逆の考えを持っていた司令官がいたことに驚き、このような正しい考え方を持った軍人が生き残ってくれなかったことを非常に残念に思いました。また、一兵卒である主人公が必死に生き抜こうとしたこと、司令官の玉砕せずに生き残ることに最後までこだわれと言う命令を守り抜いたこと、司令官の大切な手紙や写真を非常時にも関わらず残そうと地中に埋めたことなど、極限状態であるにも関わらず、人間としての尊厳を保ち続けた姿に感動しました。人間は最後は自分の心に訴えることを言ってくれた人の言葉を支えに生きるのだとしみじみと思いました。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました