婚前特急/あらすじとネタバレと感想

婚前特急 2011年の邦画

婚前特急の概要

制作:2011年 日本
監督:前田弘二
出演:吉高由里子、加瀬亮、浜野謙太、杏、石橋杏奈、他

婚前特急の見どころ

自由過ぎる女性が付き合っている五人の中から本当に結婚したい人を見つけるまでのコメディ映画。
監督の前田弘二はこの作品が長編劇場映画デビュー作であり、数々の新人監督賞を受賞した記念作品である。
キャッチコピーは「このたび、わたくし池下チエは、5人の彼氏を査定します。」。

婚前特急のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

24才OLの池下チエは五人の彼氏を持ち、想うがままに生きていました。いろんな経験を積んで人生を豊かにしたいと言うのが目的だったのですが、友達のできちゃった結婚をきっかけにして自分の結婚について考え始めるのでした。そしてむくむくと結婚願望が出てきて、結婚へのゴールを急ぎ始めます。
そして五人いるうちの彼氏から、どの人が自分に向いているかをジャッジしだすのでした。そして五人はそれぞれメリットもデメリットもあり、中でも最低だったのが田無です。一緒に居て楽ではあるものの、イマイチパッとしませんでした。チエは一番にこの男を切る事にしました。田無に別れを告げるとそもそも付き合っても居ないと言われ、むかっ腹が経ちました。
しかしチエが考えていくうちに、もしかすると今までは自分が主導権を握った気になっていたが、もしかすると全員自分の事を好きではないのではないか・・・?と思い始めました。
しかし田無に腹が立って収まらないチエは、田無に自分の事を好きにさせて、それから思いっきり振ればいいと思いつきます。そして田無を独自調査していると、田無には好きな女性が居ることがわかります。
田無が好きなのは奥田ミカで、社長令嬢でした。そして田無に奥田ミカと付き合えるように手助けしてくれと頼むのでした。社長令嬢は気さくな可愛い女性で、すぐに田無と付き合う事になります。

ネタバレと結末

そして田無と社長令嬢は結婚まで考えるようになるのでした。
チエの方が元に結婚願望が出たのに自然にそんな成り行きになる二人が面白くないチエ。そして田無と社長令嬢のホームパーティーにチエと西尾(付き合っている一人)と出席したチエは、衝動的に田無にキスをしてしまいます。そして飛び出してバイクで走りだし、田無が追いかけ、飲酒運転だった二人はケンカをはじめて警察に捕まってしまいます。留置所で一夜を過ごした二人は、翌日までケンカを続け、釈放されても田無の家に行きケンカを続けました。チエも五人彼氏がいたことを言い、田無も社長令嬢にフラれてしまいチエのせいにして怒りをぶつけます。本音でぶつかり、本心を言い合った二人は付き合い、結局チエと田無の二人が結婚するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました