想いのこし/あらすじとネタバレと感想

想いのこし 2014年の邦画

想いのこしの概要

制作:2014年 日本
監督:平川雄一朗
出演:岡田将生、広末涼子、木南晴夏、松井愛莉、巨勢竜也、鹿賀丈史、他

想いのこしの見どころ

岡本貴也「彼女との上手な別れ方」を実写映画化。
女と金に目のない男が事故に巻き込まれて生き残るが、同じ事故で死んだ四人の女の想いのこしを代わりに実行することになってしまうというストーリー。

想いのこしのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

金と女の事しか頭にないガジロウ(岡田将生)はある日車に撥ねられてしまいます。ガジロウは軽傷だったものの、撥ねた車に乗っていた人は全員死んでしまいます。ポールダンサーのユウコ、ルカ、ケイ、運転手のジョニーと乗車していた四人です。
ガジロウは元気になると加害者の遺族から慰謝料をもらおうと考え、まずユウコの家に行きました。そこには事故で亡くなった四人の幽霊が居たのでした。そしてその幽霊はガジロウにしか見えず、他人には見えないのです。
ガジロウはとりあえず家に帰ると言えまで四人の幽霊はついてきました。ガジロウは幽霊をうとましく思いますが幽霊たちはそのままガジロウの家に居ついてしまいます。そしてルカがこの世の未練をガジロウに話し始めるのでした。ルカは結婚式を挙げる予定で700万ためていました。ガジロウにお金をやるから結婚式を挙げてくれと言うとガジロウはルカの婚約者に会いに行き、話を聞いた婚約者は結婚式を挙げることにします。が、なぜか花嫁役はガジロウなのでした。式で婚約者がガジロウに誓いのキスをするとルカの姿に変身し、ルカは思い残すことなく成仏するのでした。
次に生活のため、ポールダンサーをしていた高校生のケイは野球部のマネージャーもしており、想い残しは最後の試合を見ることでした。ガジロウはケイから200万受けとる事で承諾します。そして思いを寄せていたキャプテンへの手紙も代筆し、キャプテンはケイのためにホームランを打ちます。ケイも泣きながらも成仏するのでした。

ネタバレと結末

ジョニーは元消防士で今でも消防の事を気にかけていました。
そして消防のためにガジロウは動かされ、ジョニーも成仏していくのでした。最後のユウコの想い残しは息子の幸太郎でした。ユウコが亡くなったため身寄りのなくなった幸太郎を想うと、ユウコは成仏したくなかったのでした。幸太郎もまた賢いので行政が来ても後見人が居ると言って施設行きを拒否していました。
幸太郎は学校でユウコの職業を誤解されていじめられていました。はじめこそ金のために成仏させていたガジロウも徐々に心を撃たれます。そして幸太郎のためにどうにかしてやろうと思い、考えたガジロウは今まで稼いだ金をポールダンサーのレッスンに充てることにし、ダンス場を貸し切ります。
施設に連れて行かれそうになった幸太郎をガジロウはダンス場に連れて行き、女装して踊りだします。幸太郎の目にはユウコの姿が見え始め、ルカもケイも見え始めます。ダンスが終った後幸太郎とユウコが抱き合い、ユウコが成仏しました。そしてガジロウに連れられて幸太郎は施設に行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました