小野寺の弟 小野寺の姉/あらすじとネタバレと感想

小野寺の弟小野寺の姉 2014年の邦画

小野寺の弟 小野寺の姉の概要

制作:2014年 日本
監督:西田征史
出演(声):向井理、片桐はいり、山本美月、ムロツヨシ、寿美菜子、他

小野寺の弟 小野寺の姉の見どころ

とと姉ちゃんなどの脚本で知られている西田征史の小説を実写映画化。
幼いころに両親を亡くした姉弟は長らく一緒に暮らしていた。弟は恋に奥手で姉は容姿から恋愛に踏み込めずずっとそのままでしたが、ある日手紙が誤配されそのことが原因で少しづつ二人の世界つが変わっていくストーリー。キャッチコピーは「最強のすぎるふたり。」「日本一・人生に不器用な姉と弟に、恋のチャンスが訪れた!?」

小野寺の弟 小野寺の姉のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

小野寺より子40歳と小野寺進30歳は幼いころに両親を亡くし、ずっと二人で暮らしていました。
より子はメガネ屋に勤務し、進は調香師で入浴剤を作っています。より子は風水が好きで家の中にはいろんなグッズがありました。進はそんな姉に今まで三度の殺意を抱きました。しかしどれも子供の頃の可愛い嘘であり今ではそんなことはすっかりネタとなっています。
ある日、小野寺の家に岡野薫という手紙が間違って誤配されてしまいます。二人で届けに行くと中からはかわいらしい女性が出てきました。進は元カノと被ってしまいすっかり心を奪われます。見ていたより子も進むに恋をして欲しいと願いました。
二人はその後偶然に再会しました。そして仕事を教え合うと薫は絵本作家なのでした。そのうえ進むが届けた手紙はコンクールの落選の通知だったことがわかり、進はどうしていいのかわからずに逃げ出してしまいます。一連の流れを聞いたより子は激怒してしまうのでした。
なぜ姉が怒るのかわからず、進は友達の耕輔と飲みに出かけます。その後進は、より子が進の前の恋愛から立ち直って欲しくて怒っていたことがわかり進は外に出るようにします。
そして少しづつ薫との距離が縮まっていくのでした。その一方でより子も恋愛をしていました。恋愛と言っても仕事先に来る取引先の浅野に片思いをしているだけなのですが。

ネタバレと結末

クリスマスが近づき、薫から小野寺家に電話があり、より子と進をクリスマスパーティーに招待したいと言います。進は喜んで準備を手伝いました。そしてパーティー当日、薫は進をデートに誘いますが進はまたもや逃げ出してしまいます。その後すぐより子は盲腸になり入院してしまいます。入院している時に同級生に会ったより子は見栄から進を彼氏だと言ってしまうのでした。それでも進はより子に先に幸せになって欲しいと思います。前カノと別れたのも先に自分が幸せになるのはダメだと思い込んでいたからでした。
より子は浅野から誕生日にデートに誘われ、それを聞いた進も薫とデートの約束をします。進は薫に告白するものの、薫はクリスマスの時に逃げ出した進を見て海外で暮すことを計画して進めていたのでした。
一方より子は、他の女の子へのプレゼント選びに付き合わされたことがわかり、さっさと帰ります。
進が帰ってきて、より子が泣いていることに気が付きますが、さりげなく慰めます。ふたりはまた緩やかに前を向いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました