臨場 劇場版/あらすじとネタバレと感想

臨場 劇場版 2012年の邦画

臨場 劇場版の概要

制作:2012年 日本
監督:橋本一
出演:内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、益岡徹、他

臨場 劇場版の見どころ

横山秀夫の小説を実写映画化。
都内で起こった通り魔殺人が心神喪失と判定され刑法第39条により無罪となり、二年後事件に関わった弁護士や医師が殺害され捜査していると余命の少ない人物が二人を殺していたというストーリー。
キャッチコピーは「まだ、根こそぎ拾えてねぇ。想いを拾い尽くさない限り、終われない。」「物言わぬ、死者の声を聞く それが彼の使命」。

臨場 劇場版のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

二年前、無差別通り魔殺傷事件が起き死者4名や多数の重軽傷者を出しました。しかし現行犯で逮捕された波多野は刑法第39条により無罪となります。
その後、二年経ち、事件に関わった弁護士の高村と精神科医の加古川が殺されました。神奈川県警の仲根は被害者遺族ではないのかと思い調べ始めます。特に高村の遺体に違和感を抱き、解剖した安永教授を訪ねますが問題無しと言われます。しかし死亡推定時刻がどう考えても合わないのでした。倉石は自分も病気に犯されており死期も近く、同じ薬を飲んでいると気が付き同じように死期が近いと思いますが安永を疑います。
その頃、波多野の元には遺族のひとりが乱入して波多野を殺そうとし殺人未遂で逮捕されてしまいます。
しかしこの事件は今回の事件とは無関係でした。その後色々と当たった結果浦部という男が浮上してきます。浦部の息子は誤認逮捕され自殺しましたが、彼自身は神奈川県警の警察官をしていました。
そして浦部は波多野の入院している病院に乱入し波多野を追い詰めるものの、浦部の本当の目的は息子を誤認逮捕して自供を強要し自殺に追い込んだ仲根でした。しかし警察に追い込まれて浦部も自殺します。波多野は駆け付けた安永に注射されて眠らされます。
石倉は安永を諭し、安永は犯行を自供しました。自分はもう長くない。もう死ぬからと言って、殺人鬼を偽装鑑定して法律で無罪にしてしまったのは許せないと思い、高村と加古川を殺したと言いました。
安永は精神異常を偽るのも、それに加担したものも許せないと言います。

ネタバレと結末

石倉の死亡時刻の違和感も、石倉が操作して死亡時刻があやふやになるように手を加えていたのでした。
話をしていると突然波多野が目を覚まし、安永を襲います。そして安永を殺してしまいました。波多野は笑いながらどうせ無罪になる!お前を殺しても僕はまた無罪だ!と言います。そして倉石に襲い掛かり、もみ合いながら倉石が波多野を逮捕しました。事件が解決した後、小坂は倉石に電話しますが電話には出ず、小坂が家に行くと倉石の姿はなく、暗い部屋で電話だけが鳴り響くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました