悪夢のエレベーター/あらすじとネタバレと感想

悪夢のエレベーター 2009年の邦画

悪夢のエレベーターの概要

制作:2009年 日本
監督:堀部圭亮
出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ、他

悪夢のエレベーターの見どころ

木下半太の小説を実写映画化。
エレベーターに閉じ込められた妻の出産立会いに急ぐ男、刑務所から出所してすぐの元空き巣のヤクザ、他人の過去が見える超能力者、自殺を考える女子高生の四人がキリのないウソをついていくというストーリー。

悪夢のエレベーターのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

順は誰かが呼びかける声で目を覚ますと、エレベーターの中で気を失っていたことに気が付きます。
順は頭を打って気絶していたと教えてもらいました。エレベーターは急停止しており、中には順のほかに三人の男女が居ました。
順は愛人の家に来ており、妻の麻奈美からの連絡でもうすぐ子供が生まれると言われて愛人の家を出て病院に行こうとエレベーターに乗ったのでした。順は出産に立ち会いたい為、一刻も早くエレベーターから降りたいのですが、なんとかエレベーターを開いて降りようとします。が、その時、一緒にエレベーターに乗っていたゴスロリの恰好をした女性カオルに騒ぐな!と言われてカッターナイフを向けられます。
四人は少し冷静になり、お互いの自己紹介を始めます。
チンピラのような恰好をした安井という男は空き巣で捕まっており、出所したばかりでしたがまたもや空き巣に入ろうとこのマンションにやってきたと言います。
中年の牧原という男性はこのマンションの住民だと言い、牧原は人の心が読むことができると言いました。
カオルは自殺願望があり、このマンションから飛び降り自殺しようと思いやってきたのだそうです。
皆が馬鹿正直に自分の事を話し出すうちに順には何かないのかと言われ、しょうがなしに妊娠中の妻が居るのにもかかわらず愛人のマンションにやってきたことを言いました。全員が秘密を暴露した所でカオルがボイスレコーダーを取り出します。いつ出られるかわからないので”遺書”として残しておこうと言うのでした。
順は妻への謝罪の言葉を吹き込みます。告白しているうちに順は今ここにいる人たちに対して違和感を抱いてきました。が、すでに時は遅し。順は他の三人に騙されていたのでした。

ネタバレと結末

三人は妻に雇われた探偵であり、順に浮気を白状させるまでが仕事です。順はすっかり罠にはまってしまったという訳なのでした。本当の事がばれてしまった安井は順を睡眠薬で眠らせようとします。が、しかし睡眠薬なのに順が死んでしまったのでした。カオル以外は動揺してしまいますが、カオルが自殺に見せかけて屋上から突き落とそうと言いだします。安井が屋上のカギを管理人室に取りに行くとエレベーターには監視カメラがあり、安井と管理人がもみ合いだします。安井と牧原が順を屋上に持って行くと、そこには順の愛人が自殺しようとしていましたが安井が引き止めます。安井たちは代わりに順を突き飛ばし、ボイスレコーダーを遺書として残します。次に管理人の死体をどうにかしようと管理人室に行くと管理人はエレベーターのモニターでAVを見ていたことがわかります。そこに順の妻から安井に行方不明の妹から変なメールが届いたと言い、その妹はカオルでした。カオルは大好きな姉を傷つけた順を許せないと思い、安井が殺すように仕向けていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました