60歳のラブレター/あらすじとネタバレと感想

60歳のラブレター 2009年の邦画

60歳のラブレターの概要

制作:2009年 日本
監督:深川栄洋
出演:中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵、他

60歳のラブレターの見どころ

三井住友信託銀行主催の長年連れ添った夫婦が感謝の気持ちを一枚のはがきに綴る応募企画を元に書籍化、映画化されたもの。
キャッチコピーは 語り尽くせないほどの「ありがとう」。

60歳のラブレターのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

定年退職した孝平は妻と離婚してそれまでいた愛人と暮らすようになりました。長年主婦だけをしてきた元妻のちひろは、離婚してから働く気になり翻訳家の麗子の所で働き始めました。自分自身が見られることもなかったちひろは、華やかな世界に住む麗子の元で、別人のようにあか抜けていくのでした。
孝平は愛人の会社で働き始めるものの、新しいことが受け入れられずうまくいきません。
麗子は独身で、5年前に妻を亡くした医者である静夫の事が気になっているもののなかなかうまく近づけませんでしたが、デートをすることになりますます静夫の事が好きになるのでした。
静夫の担当患者に糖尿病の正彦が居ます。魚屋をしている正彦は妻の光江の尻に轢かれっぱなしでした。正彦の付き添いで病院に来ていた光江の行動がおかしいことに気が付いた静夫はすぐに検査し、光江の脳腫瘍を見つけてすぐに手術することになりました。手術する前に正彦は光江から押し入れのふすまを治しておいて。と言われます。ふすまを開けると押し入れには正彦がずっと欲しがっていたお高いギターが入っていました。正彦は光江が自分の事を好きで居てくれている気持ちに気が付いて、胸がいっぱいになるのでした。正彦は光江の手術が無事に終わるのを祈らずにはいれませんでした。
孝平は娘が出産したのでかけつけます。するとそこには見違えるようにきれいになったちひろがいました。驚きましたが特段何も声をかけることができませんでした。
そしてその後、偶然にも男に声を掛けられているちひろを見てしまい、気持ちが落ち着かなくなるのでした。

ネタバレと結末

麗子は静夫と交際が順調に進展していき、静夫の娘であるのりかと会う事になりました。
しかしのりかに麗子は拒絶されてしまい、落ちこみます。麗子は静夫との交際も辞めた方がいいのではないかと思い悩み、静夫に別れを告げようとしている所にのりかが仲を取り持ってくれるのでした。
一方孝平は別れてからちひろへの愛に気が付いて、ちひろが他の男とデートしている所まで駆けつけて行って改めてちひろに告白します。ちひろはちひろで孝平に思う所があり、改めて二人は長年の愛を確認し合いました。二人はもう一度やり直すことにし、しばらくぶりに抱き合うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました