タンポポ/あらすじとネタバレと感想

タンポポ 1985年の邦画

タンポポの概要

制作:1985年 日本
監督:伊丹十三
出演:山崎努、宮本信子、渡辺謙、役所広司、安岡力也、加藤嘉、桜金造、大滝秀治、黒田福美、岡田茉莉子、橋爪功、大犮柳太朗、他

タンポポの見どころ

伊丹十三監督の「ラーメンウエスタン」と呼ばれるコメディ映画。
売れないラーメン屋「タンポポ」を立て直そうと行きずりの長距離トラックの運転手をはじめ、周りの人が奮闘していく人情ドラマ。

タンポポのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

長距離トラックの運転手ゴローとガンが雨の中トラックを転がしています。二人は無性にラーメンが食べたくなり、道の途中にあるラーメン屋に入ります。二人が入ったのは「来々軒」というラーメン屋で、美しい女性が一人で切り盛りしていました。すでに店には土建屋のピスケンが居て、店主を口説いていました。
そんな様子をよそに二人にラーメンが出されます。しかし期待していたような味ではなくその上にスープもぬるくてさんざんでした。ハッキリ言ってまずい。その姿に気が付いたのかピスケンが二人にケンカを売ってきます。ボクシングをしていたゴローはケンカを買って五人を相手にするもののあっさりとやられてしまうのでした。そしてタンポポに介抱されるのでした。タンポポは亡き夫の跡を継いで小学校の息子を抱えてラーメン屋をするもののうまくいかず、朝食として出されたものは全てゴローの舌をうならせました。タンポポからラーメンの味を聞かれたゴローとガンは正直に答えました。ゴローがラーメンに詳しいと聞くと、タンポポはラーメン指導をお願いします。タンポポの熱意を感じたゴローは来々軒を行列のできるラーメン屋にしようと決意するのでした。ゴローは仕事の休みを利用してタンポポを連れ出しライバルのラーメン店に視察に行きました。いろいろと盗む所はあるものの肝心のスープの再現ができませんでした。そこでゴローは知り合いの先生と言う名の知人に頼みます。先生はもともと産婦人科の先生だったもののラーメンが好きすぎて、食道楽に走り今ではホームレスでした。

ネタバレと結末

先生にスープ作りの指導をお願いします。
次にタンポポは具と麺をどうしようかと悩みます。ゴローたちはひょんなことから人員を確保し、タンポポは麺づくりに精を出します。そんなある日、またもやピスケンとゴローがケンカになりピスケンがずっとタンポポに惚れていることを聞きました。ゴローは店を繁盛店にしたいだけと言うと、ゴローが内装を買って出ます。段々とプロジェクトが進んでいき、チームは一丸となって完成させていきます。そして店の名前をタンポポに変え、完成に近づいていきます。その頃、ゴローはタンポポと一夜を過ごします。
タンポポのラーメンは完成し、新規オープンします。店には行列ができ、客も満足した顔で帰って行きます。立派になったタンポポを見て、ゴローは満足げに立ち去って行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました