起終点駅 ターミナル/あらすじとネタバレと感想

起終点駅 ターミナル 2015年の邦画

起終点駅 ターミナルの概要

制作:2015年 日本
監督:篠原哲雄
出演:佐藤浩市、本田翼、尾野真千子、他

起終点駅 ターミナルの見どころ

直木賞作家桜木紫乃の短編小説を実写映画化。
北海道釧路市ではかつて愛する人を死なせてしまった過去を持つ弁護士が国選弁護のみを引き受け、ひっそりと暮らしながら若い女性と知り合い再び自分の人生を歩みだそうとするストーリー。

起終点駅 ターミナルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

釧路で弁護士をしている鷲田完治は国選弁護士のみを引き受けてひっそりと暮らしていました。
鷲田は元裁判官でしたが、とある事件をきっかけに前線から自ら外れていたのでした。今から25年前の事、鷲田は妻子を東京に残して旭川で地方裁判所判事をしていました。ある日覚醒剤取締法違反の裁判を担当した時に被告人が鷲田の元彼女であった結城冴子だったのでした。大学時代冴子は活動家として活躍しており、鷲田は司法試験の勉強ばかりしていました。そんな鷲田を冴子は水商売をして支えていき、鷲田が合格すると突然冴子は姿を消したのでした。
裁判では執行猶予を付けて判決を下し、冴子のやっているスナックに通いつめるようになりました。そのうちに鷲田の任期満了が近づいてきましたが、鷲田は家族も仕事も捨ててしまってこの街で法律事務所でも開いて冴子と生きて行こうと決意していました。しかし運命のその日、冴子は鷲田の前で電車に飛び込み亡くなってしまいます。会うたびに冴子に捨てられた鷲田はメンタルがついてかず、家族と仕事を捨てて釧路で国選弁護士だけを引き受けながらひっそりと生きて行きます。周りとの関係も一切たち、毎日自分だけのために丁寧に料理を作り生きていくことを丁寧に紡いでいっていたのでした。
ある日鷲田の元に椎名敦子が訪ねてきます。前に国選弁護士で受け持った女性でした。敦子は国選弁護士しか受け入れず、ある人を探してくれと言いました。

ネタバレと結末

敦子も冴子と同じ覚醒剤取締法違反でした。裁判が終わった後も身寄りのない敦子はたまに鷲田の元を訪ねており、鷲田の料理を食べさせてもらっていました。一緒に食べているうちに二人の心も解けていくようでした。
鷲田だけでなく、敦子もまたひっそりと何かに耐えているように暮らしていました。鷲田は敦子を見ていると冴子を見ているようで敦子が探している元彼氏を探す気になります。敦子は元彼氏を探すうちに、自分の実家を見ます。実家は無人になっており家族は全員死んでいました。元彼氏は生死をさまよっており、それを見た敦子はお願いだから死んでほしかった。とつぶやきます。しかし敦子の元彼氏は命を取り留め、法で裁かれることになりました。敦子は元彼氏に依存していましたが、今では自分の人生をやり直せる強さを持っています。そして鷲田もまた強さを見せます。子供に養育費だけは送っていたものの、音信不通でしたが息子が結婚することを知り、息子の結婚式に出ることになります。終着駅だと思っていた釧路が始発駅になり、列車に乗り込んでいくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました