麦子さんと/あらすじとネタバレと感想

麦子さんと 2013年の邦画

麦子さんとの概要

制作:2013年 日本
監督:吉田恵輔
出演:堀北真希、松田龍平、余貴美子、温水洋一、麻生祐未、他

麦子さんとの見どころ

アニメ声優になるのが夢な麦子はアニメショップでバイトして学費を稼いでいた。そこに離婚以来全く音信の無かった母が余命いくばかになり一緒に住もうと言ってきて、違和感を抱きながらも同居し看取る。母はしっかり麦子に貯金しており、そのお金で声優の学校に行くというストーリー。

麦子さんとのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

麦子は兄の憲男と二人で暮らしていました。子供の頃に両親は離婚して父に引き取られたものの、父も三年前に死んでしまいました。生活費は憲男が出しており事あるごとに嫌味を言われていました。麦子はアニメの声優になりたいため学費を貯金していました。
そこに、離婚以来全く音信の無かった母親が現れます。麦子も憲男も母には捨てられたという思いしかなく、拒絶するものの母は兄に生活費を毎月10万渡していたと知り、しぶしぶ一緒に住むと楽だから同居したいという母を受け入れます。兄は母と同居したくないという理由でさっさと出て行くのでした。
とはいっても、母はバイトを掛け持ちしており家に居ても寝るばかりでした。母の料理をけなしたり、母とケンカして突き飛ばしてしまったり、嫌なことを発言したりと母に対して素直になれないまま母は亡くなってしまいます。母は末期がんだったのでした。
兄は母の事をけなしながらも裏では泣いていました。母の納骨には麦子が母の故郷に行くことになりました。
そして少しの間、母の故郷で過ごすことになりました。泊まるのは母の親友だったミチルの家です。ミチルから母がアイドルになりたかったこと、町では人気者だったことを教えられます。今まで知らなかった母の若かりし頃です。ミチルにも別れた子供が居ることがわかり、麦子は子供に会いに行けと言ってしまいます。
気まずいまま、ミチルと麦子は納骨に行き、もう一度、「子供は会いたがっているから会いに行って」と言いました。これは本当はミチルが母にずっと言いたかった言葉でした。

ネタバレと結末

そしてミチルからは、麦子がおなかにいる時が母が一番きれいだった。「アイドルにはなれなかったけど、今は本当に幸せなんだ。」と言っていたと聞き、麦子は母が亡くなって初めて涙します。ミチルは寄り添い、麦子はミチルの胸で泣きました。
兄に電話すると、兄が母のメモと通帳が出てきたと言います。麦子のために使ってくれと書いてあり、預金通帳にお金が入っているそうです。麦子はそのお金で声優の学校に行こうと決意し、最後に東京に帰る時駅員さんに「芸能人?」と聞かれて微笑むのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました