サイレン〜FORBIDDEN SIREN〜/あらすじとネタバレと感想

サイレン 2006年の邦画

サイレン〜FORBIDDEN SIREN〜の概要

制作:2006年 日本
監督:堤幸彦
出演:市川由衣、森本レオ、田中直樹、阿部寛、他

サイレン〜FORBIDDEN SIREN〜の見どころ

PlayStation 2で発売されたホラーゲームの『SIREN2』を元にしているが登場人物は全て異なっている。
昔に島民を一人残して全員行方不明になり、残った男がしきりにサイレンがなったら外に出てはならないと繰り返し、29年後に療養のためその島に引っ越ししてきた家族がサイレンを聞きいてしまい殺されて行くというストーリー。

サイレン〜FORBIDDEN SIREN〜のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

”1590年アメリカのロアノーク島で島民全員が突然失踪。「Croatan」の文字が残されていた”
”1872年大西洋上、失踪したマリー・セレスト号が発見される。乗組員の姿は無く、航海日誌に「12月4日 我が妻マリーが」と唐突に終わっていた”
と突然失踪した不可思議な事件を二つ上げて、1976年の夜美島の事件を映し出します。
災害救助者たちが嵐に飲まれた夜美島で人を探しますが全く出てきませんでした。唯一の生存者を土田は、壁に「DOG LIVE」を書かれておりパーカーを頭からかぶって歌を歌っていました。救助の人が声をかけると土田はサイレンが鳴ったら外へ出てはならない!と繰り返し叫びます。
・・・由貴は弟英夫の病気療養のため、父と夜美島に船に乗ってきます。秀男の診療所の先生に島を案内してもらいますが、住民がとにかく異様です。先生が言うには昔外人が島に上陸してからそうなったのだと言いました。
無事に引っ越し先の一件屋につき、掃除していると隣の女性がやってきて島のマイルールを教えてくれました。
『近所付き合いをする』『夜は出歩かない』『鉄塔の付近には行かない』『サイレンが鳴ったら外に出てはいけない』ということでした。
夜になるとサイレンが鳴り響きます。サイレンが鳴ったのに父は島を探索すると言ったっきり朝まで帰ってきませんでした。由貴は先生と父を探しに出かけます。しかし途中で先生はいなくなり、由貴は父の死体を見つけて逃げ出すと先生に止められました。そのまま家に帰るとケガをした父が座っていました。
しかし次の日には飼い犬が消え、父も消えます。由貴はネットで夜美島の事を調べてみることにしました。
するとロアノーク島で流行った疫病患者を夜美島に隔離したこと、突然土田以外全員が行方不明になったことが書いてあります。

ネタバレと結末

弟が赤い服の女と一緒にいる所を見つけた瞬間にサイレンが鳴りだします。弟が倒れ、由貴が小屋に連れ込むと東が居ましたが、東はゾンビのような恐ろしい男たちに連れて行かれました。弟を家に連れて帰り寝かせると住んでいる家にもうひとつ部屋がある事がわかり入ります。部屋には1976年の写真があり、先生も写っていました。その時またサイレンが鳴り響き、父がゾンビのようになって襲ってきたので由貴と弟は逃げます。走ってサイレンを止めるため鉄塔に向かい登っていると下にはゾンビでいっぱいです。先生が鉄塔に登ってきて、サイレンが聞こえているのは由貴だけだ、と言い、弟はすでに半年前に亡くなっていると言いました。由貴は幻覚障害になっていたのでした。先生も由貴の主治医です。すべてを知った由貴は鉄塔から飛び降り、気が付いた時にはまた先生の所に居ました。先生は父に1976年の事件の内容を言いました。その時サイレンが聞こえたのは土田だけでした。そして土田が島民を全員殺していたのでした。サイレンが聞こえるのは島民以外の人で、危険な人を外に出さないためでした。その時サイレンが鳴り、由貴は先生を刺しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました