闇金ウシジマくん Part3/あらすじとネタバレと感想

闇金ウシジマくん Part3 2016年の邦画

闇金ウシジマくん Part3の概要

制作:2016年 日本
監督:山口雅俊
出演:山田孝之、綾野剛、本郷奏多、白石麻衣(乃木坂46)、他

闇金ウシジマくん Part3の見どころ

真鍋昌平の人気漫画をテレビドラマ化の後、映画化。『フリーエージェントくん』『中年会社員くん』が元のベースになっている。
ネットビジネスのカリスマ天生塾を訪れた青年は塾に入るために丑嶋に金を借りに来て天生へと近づいていき、一方で、女のために借金を申し込んで女に溺れていく男がいた。どちらもどっぷり借金に溺れていくというストーリー。

闇金ウシジマくん Part3のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

丑嶋馨はカウカウファイナンスという闇金屋をしています。10日で5割という法外な金利でした。それでも次から次へとお金を借りに来る人がいました。
フリーターの沢村真司はネットビジネスのカリスマ天生翔の広告を目にして、無料の講習に行ってみることにします。しかしもっといい情報は100万だといわれます。
一方で加茂守は不倫にずっぽりとはまり、金が無くなり丑嶋に金を借りに来ます。
真司はあまり余裕のない両親に100万を貸してくれと頼みます。母が95万の入った通帳を真司に渡してくれました。残りの5万円は丑嶋に借りにいきました。そうして真司は天生塾に入り、講習を受け始めます。そして次に高級ラウンジで酒を飲みその情報をネットで流せと言われます。今でいう炎上商法でした。とにかく悪目立ちでもして情報を自分で操作する側になれという事でした。
真司はパーティに呼ばれてタレントの麻生りなに声をかけ、もっと金を儲けたいという欲を煽られます。真司は自分に生命保険をかけて丑嶋にさらに借金しに行きます。そして真司は文字通りチャンスをものにしていき、商材を営業で売りまくります。天生塾のナンバー2である清栄が独立し、弟子を探している所に真司がすっぽり入ります。その頃、真司は父の通帳にまで手を出していて引き返せない状態でした。天生塾とはいうものの中身はただのねずみ講です。

ネタバレと結末

その間も加茂は女から抜け出せずに借金を続けます。
真司は父が倒れて入院し、母に通帳の事をとがめられます。優しかった真司はどこにもおらず、入院費まで取り上げて出て行きました。金が人を変えた瞬間でした。
ある日真司の家に商材を売りつけた男たちが怒鳴り込んできて3000万要求され脅されます。
そこで真司は天生は本当は金を持っていない空っぽの人間だと気が付きます。派手に予告した誕生会を引退式に変えて全員に謝罪します。真司もりなとサヨナラすることになりました。残ったむなしい夢ノートには(希望を書くノート)りなを幸せにすると書かれていました。
天生は最後に隠しておいた金で女と海外に行く予定でしたが、手違いで戌亥が奪って行きました。真司もお金を皆に返すことになり、加茂もすべてがばれ金も仕事も女も何も無くなってしまいます。真司は農家に弟子入りし、真面目にお金を返すことにし、そこにりなが来ます。真司の事を応援し、きっとまた会おうといって約束するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました