にがくてあまい/あらすじとネタバレと感想

にがくてあまい 2016年の邦画

にがくてあまいの概要

制作:2016年 日本
監督:草野翔吾
出演:川口春奈、林遣都、他

にがくてあまいの見どころ

小林ユミヲの人気漫画を実写映画化。
広告代理店で働くキャリアウーマンは男運が無く、野菜嫌い。そこにベジタリアンでゲイの教師と同棲することになり、全く反対の二人が少しづつ距離を縮めていくハートフルストーリー。

にがくてあまいのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

キャリアウーマンの江田マキは、食と男に関してだけはうまくいきませんでした。ご飯は主にサプリやゼリーで済ませていて、友達には彼氏と順調だと言うものの実は別れたばかりでした。
ある日マキが頭を悩ませています。マンションの更新が近づいてきたのですが更新料の値段が高く悩んでいました。しかし同僚には言えません。マキは仕事も恋も両立できるいい女。なのですから・・・。
ある日、マキは同僚にご飯に誘われますが有機野菜レストランだと聞いて断ります。マキは野菜が大嫌いだったのでした。マキが酒を飲んでいる時にバーの片山渚に一目惚れします。そのまま酔いつぶれて目を覚ますと渚が朝ごはんを作ってくれていました。渚は高校教師であり、ゲイなのでした。マキは更新料のこともあり、渚に同居を迫ります。渚は自分の作るご飯を全部食べることでOKします。
マキは渚がベジタリアンという事で不安でしたが、渚の作るご飯はどれもおいしくて満足でした。渚は弁当も持たせてくれたのでした。
ある日マキは自分がなぜ野菜が嫌いなのかを渚に打ち明けます。マキの実家から無農薬野菜が届き、つい、マキはそれは実家だと言ってしまいました。マキの実家は脱サラして無農薬農家をしていました。しかし軌道に乗るまでは貧乏生活でマキはその事に腹を立てて家を出たという経緯がありました。今でも実家とは交流が無く、野菜も食べずに今まで来たというのでした。
一方渚の方は兄が亡くなっており、渚が兄の死に気が付かなかったことに後悔の念を抱いていました。

ネタバレと結末

仕事がうまくいかなくなったマキは渚に当たり散らした挙句に押し倒しました。マキは渚に励ましてくれと言い、渚はマキのために料理を作りました。そこに渚が同棲していたアラタが来ます。アラタは長期旅行に行っており帰ってきたのでした。そして三人で暮らし始めます。
マキは元彼カイトとばったり会います。その時マキは渚とケンカして出てきていたので二人で肉を食べに行くもののマキはしっくりきませんでした。何を食べても渚の料理の方がおいしいのでした。マキは渚に謝って家に帰ります。麦茶を飲んで実家を思い出し、マキは実家にも顔を出そうと思います。渚を連れて実家に帰る道を忘れて父に叱られたものの、実家はマキを待っていました。渚はマキの父にゲイであることを告白し、兄の墓参りに行くことにします。アラタはインドで女と結婚すると言って旅立ち、また二人の生活に戻ります。実家からは二人に向けて無農薬の野菜が送られてくるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました