トイレのピエタ/あらすじとネタバレと感想

トイレのピエタ 2015年の邦画

トイレのピエタの概要

制作:2015年 日本
監督:松永大司
出演:野田洋次郎、杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰、大竹しのぶ、宮沢りえ、他

トイレのピエタの見どころ

手塚治虫が亡くなる前に書いた日記をもとに実写映画化。
余命三カ月と言われたフリーターの主人公が女子高生に出会って変わっていき、最後に自宅のトイレに遺作である「トイレのピエタ」を書き上げ亡くなるというストーリー。

トイレのピエタのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

園田宏は将来有望だと言われていた画家の道を諦めて窓ふきのバイトをしていました。バイト先から正社員にならないかと声を掛けられるものの断ります。
ある日美大時代の恋人だった尾崎さつきと再会し、さつきは今でも絵を描いていて個展を開くので見に来てくれと言われます。そんな時、宏はバイト中突然倒れてしまい病院に運ばれます。精密検査を受け、検査の結果は家族と来てくれと言われ、さつきに家族のふりをして貰おうとたくらみますが、ケンカをしてしまいさつきが帰ってしまいます。そして病院にいた女子高生に家族のふりをして貰う事にしました。しかし検査結果は悪性腫瘍で余命3ヵ月というヘビーなもので、一緒に聞いていた女子高生宮田麻衣は「一緒に死のうか」と誘いました。
とりあえず宏は真衣をバイクに乗せて走りますが、だんだんと冷静になっていき真衣を家まで送り届けます。
真衣は宏に、いくじなし。といって帰ります。
その後宏は入院し、抗がん剤治療の副作用に苦しみます。故郷から父と母がやってきて田舎に帰るように言いまうが宏に帰る気はありませんでした。病気と闘う中、宏はベッドの隣の横田亨と友達になり、小児病棟に居る拓人とその母などと交流を持ちます。そして宏は抗がん剤治療に耐えられず家に帰り仕事に行こうとしますが副作用から大便を漏らしてしまいます。再び入院した宏は拓人がケーキと塗り絵を持って来てくれるものの捨ててしまいました。
その後宏は拓人に謝り、真衣に頼んで本を買ってきてもらいオリジナルの塗り絵を作ってプレゼントします。
真衣も忙しい中、宏の見舞いに来て宏を連れ出します。ある日横田が退院することになり、宏は横田に生きる意味を問うと、横田は死にたくないから。と答えるのでした。

ネタバレと結末

ある日宏は拓人とその母に連れられて教会に行きます。そこでピエタをはじめて見るのでした。拓人は余命半年と言われていましたが、次の手術が成功すれば退院できます。宏も手術を控えており、二人は励まし合います。しかし拓人はそのまま亡くなってしまいます。拓人の母は拓人の絵を描いて欲しいと宏に言われますが宏には書けませんでした。真衣が見舞に来て、宏を食事に誘うものの二人はケンカになってしまいます。真衣は自分だけが辛いと思うな。と言ってしまい、宏はガンの転移を伝えられ、田舎に帰ることにし真衣に別れを言い出します。納得できない真衣は宏を連れ出してキスをします。結局宏は東京のアパートに変えることにし、横田に頼んでペンキを買ってきてもらいます。トイレの壁に絵を描きだし、横田になんでトイレなのか聞かれると「浄化と昇天」と答えるのでした。横田はカメラに収め、宏は人生を懸けた絵を描きます。真衣をモデルにした絵は描きあがり、真衣が横田に宏の最後を見せると言って宏のアパートに連れて行きます。「トイレのピエタ」を見た真衣は咄嗟に死のうとしますができませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました