だれかの木琴/あらすじとネタバレと感想

だれかの木琴 2016年の邦画

だれかの木琴の概要

制作:2016年 日本
監督:東陽一
出演:常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美、勝村政信、木村美言、他

だれかの木琴の見どころ

井上荒野の小説を実写映画化。
平凡な主婦が若い美容師の男に恋をして執着していく様子を表している映画。相手を変えても何かに執着しないと生きていけない様子は病的な嫌悪感を感じざるを得ない。

だれかの木琴のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

美容室に勤めている美容師の山田海斗(池松壮亮)。ある日彼は新規の客、親海小夜子(常盤貴子)を担当しました。小夜子は夫の光太郎と娘のカンナと共に最近東京の郊外に引っ越してきたそうです。小夜子が美容室を出た後、海斗は営業メールを送ると小夜子はご丁寧に返信して海斗はさらにお礼のメールを送るのでした。
その後も小夜子は海斗にメールを送り、気になった海斗が彼女の唯に相談すると唯も不安になりました。
はじめに小夜子がカットに来てから二週間後にまた小夜子がカットしに来ます。小夜子は店を出た後、海斗からのメールが届くのを心待ちにしていましたが海斗からのメールは来ないままでした。そして美容院にいたずら電話がかかるようになります。
その夜海斗が近所の居酒屋で飲んで、夜遅くに家に帰ると玄関にビニール袋が吊ってありました。海斗は唯が置いていったのかと思って開けてみると、中には 小夜子からの手紙といちごがありました。海斗は自分が施術中に居酒屋の名前や家の目印になるような名前を出したことを激しく後悔します。
次の日、海斗はメールではなく小夜子の家電話にかけてイチゴのお礼を言います。小夜子の夫はその姿を見て少し不審に思いました。
そして小夜子は海斗が休みの日に勝手に海斗のアパートに行きます。海斗は驚いたものの、小夜子を家に上げます。海斗の家には唯が来ており、小夜子が驚きます。唯のターンになり結が小夜子に色々質問します。雰囲気を和らげようと海斗は小夜子が昨日店に来たことを言いました。

ネタバレと結末

小夜子が帰った後、唯と海斗は居酒屋で小夜子がストーカーではないかと話します。海斗は否定するものの、唯は居酒屋の店長にも相談しました。海斗のアパートの帰り道雨に打たれた小夜子は体調が悪いと言って部屋に引きこもります。小夜子は唯の存在がショックだったのです。夫と子供は外食に行き、子供は父に「何か起きそうだ」と言いますが夫は笑っていました。
その後小夜子は唯の服屋も突き止めて服を買いに行きました。試着もせずに若い子が着るような服を買って帰り、唯は海斗にすぐ連絡をしました。
その服はすぐに海斗のアパートに置かれます。海斗はぞっとしてすぐに捨てるのでした。海斗をストーカーするために生活が乱れていく小夜子。夫が怒っても会心しません。
海斗と唯は小夜子の家に行き、小夜子の行動を暴露します。その後唯と海斗は別れます。小夜子の夫婦は元通りになり、海斗にも平穏が戻ってきました。
そして小夜子は夫の部下が自分の料理を褒めてくれたと聞いて、今度はその部下に嬉しそうにメールを送るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました