明烏/あらすじとネタバレと感想

明烏 2015年の邦画

明烏の概要

制作:2015年 日本
監督:福田雄一
出演:菅田将暉、城田優、若葉竜也、吉岡里帆、柿澤勇人、松下優也、新井浩文、ムロツヨシ、佐藤二朗、他

明烏の見どころ

古典落語の演目『芝浜』が物語のベースになっている。
最下位ホストが1000万円の借金を背負ってしまい、借金返済のために借金取りと奮闘する12時間をコミカルに描いている。

明烏のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京の”明鳥(アケガラス)”というホストクラブで働く最下位のホストナオキは競馬で一千万の借金を持っています。
明日までに返済しないと借金取りの山崎に東京湾に沈められると脅されていました。
しかしナオキは野球賭博で大勝利し、一千万以上のお金を手に入れます。ナオキは店長やスタッフたちと祝杯を挙げ、泥酔して眠った後目を覚ますとお金は消えていました。店長に聞いても知らないと言われ、一緒にいたメンバーに聞いても、賭博も酒も金も夢だったんだろうと言われます。みんながそういうのでナオキも夢だったのかと思いながら、メンバーを疑います。とりあえず取り立て屋に電話して、六時まで待ってもらう事にしました。しかし全員に金を借りたナオキが悪いと言われ、ナオキは追い詰められてしまいます。そしてみんなは明日から来る新オーナーの準備や仕事に取り掛かるのでした。
その時店の飲食代を踏み倒した明子がアオイに連れられてやってきます。しかし自分も人の事を叱る立場ではなく、自己嫌悪に陥ってしまうのでした。ナオキは手あたりしだいに借金を申し込みますが、ことごとく断られてしまうのでした。
アオイが添い寝してくれたら1000万あげるというおばさんの話をします。
そこにナオキの父がやってきます。昨日の夜、酔っぱらったナオキはいいものをやるから店に来いと言って電話していたのでした。ナオキの父は五郎でナオキの名前はジュンでした。二人はみんなに北の国からの物まねをされてからかわれます。

ネタバレと結末

五郎はナオキの代わりに店に出ることになりました。ナオキは明子と共に心中しようと店を出ます。
海につくとナオキは明子を海に突き落とし、ナオキが飛び込もうとした時五郎が来て添い寝のおばさんが五郎でも1000万払うと言っていると言いに来ました。タイムリミット3分前に五郎が金を持ってきますが、自分の服を買うために五万使っておりタイムリミットを迎えてしまうのでした。
死ぬ覚悟をしたナオキの前に新しいオーナーが来ます。それはさっき海に突き落とした明子でした。明子はホストの調査をし、ナオキが借金を繰り返さないように一芝居打ったのでした。賭博で上がった1000万でもうすでに借金は返していました。
最後にナオキは借金はもうこりごりだと言って、乾杯をして終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました