四月物語/あらすじとネタバレと感想

四月物語 1998年の邦画

四月物語の概要

制作:1998年 日本
監督:岩井俊二
出演:松たか子、田辺誠一、他

四月物語の見どころ

旭川から東京の大学に来た主人公は、高校時代からの片思いの先輩を追いかけて猛勉強して同じ大学に入り、少しづつ片思いの先輩と距離を縮めていくというストーリー。

四月物語のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

桜舞う四月の東京。楡野卯月(松たか子)は旭川の高校から東京の武蔵野大学に進学で引っ越してきました。
アパートに引っ越しをしてくるものの、荷物が多くて入り切りません。入り切らなかった分はまた実家に逆戻りなのでした。
アパートの隣人にも挨拶を済ませ、これから晴れて大学生活を送ります。緊張のまま入学式に行き、ゼミメンバーで自己紹介が始まりました。卯月は武蔵野大学に来た理由を問われますがうまく言えませんでした。
その後大学の食堂に行くと佐野さえ子に話しかけられ、さっそく休みの日に買い物に行こうと誘われますが丁重にお断りするのでした。
卯月は自転車を買い、休みの日に自転車に乗って出かけます。向かった先は”武蔵野堂”という書店で、中に入り本を買って書店が何時までやっているかを確かめました。その後映画館に向かい、上映中に変質者に近づかれ慌てて買って本を置いたまま映画館から出て自転車で帰ります。
その足でそのまま武蔵野堂により本を買います。次は定休日を聞いて帰りました。やっと家に帰ろうとする卯月を追いかけてくる男がいました。男は映画館に忘れて帰った本を持って来ていましたが卯月は恐ろしくなって自転車で逃げようとすると自転車の籠に本を投げ込んでくれました。
次の日卯月はさえ子に誘われて釣りサークルに入ります。
そしてまた武蔵野堂に行くと男のアルバイト店員山崎がいて卯月はドキドキします。卯月は山崎を追いかけて、北海道から同じ大学に入ったのです。しかし同じ高校の先輩だった山崎は卯月の事を覚えていませんでした。何も会話をしないまま本を買って書店から出ました。

ネタバレと結末

東京に来た理由も同じ大学に入った理由も本屋にしょっちゅう行く理由も全ては山崎が理由でした。
山崎が卯月の事を覚えていないことからさみしさが募り、隣の女性にカレーを作ったから食べないかといって誘って一緒に食べます。少しづつ卯月の東京生活は根付いていくのでした。
そして懲りずに武蔵野堂に行くと、山崎が話しかけてくれ、同じ高校、同じ大学だと知った山崎は卯月に好感を持ち、また書店に来てくれと言いました。幸せいっぱいで外に出ると雨が降っていて、山崎が傘を貸そうとしたのを断って自転車に乗って帰ります。しかし大雨になってしまい雨宿りしていると男がやってきて傘を貸してくれます。その傘で武蔵野堂まで戻り山崎に傘を借り、男に傘を返します。
卯月が大学に合格した時、担任は「奇跡だ」と言いましたが、卯月は愛の奇跡の方がいいのにとつぶやくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました