野火/あらすじとネタバレと感想

野火2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

野火の概要

制作:2015年 日本
監督:塚本晋也
出演:塚本晋也、森優作、中村達也、中村優子、リリー・フランキー、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

野火の見どころ

大岡昇平の小説を1959年から二度目の実写映画化。
太平洋戦争の中、フィリピンの島で極限まで追い詰められた日本兵士たちの狂気を描いている。日本人兵士が死ねば日本人の肉を食べ、地獄を味わったことを記している。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

野火のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

太平洋戦争末期。フィリピンのレイテ島では現地の兵士たちが戦っています。もうすぐ日本の敗戦も決まると言われていても現地には届かないのか、信じられないのかとにかく兵士は必至で戦っていたのです。
ある日、肺病を患った一等兵の田村は上司に野戦病院に行くように言われて、野戦病院に行くと死と隣り合わせの人ばかりで田村は医者に「たいしたことない」といって帰らされるのでした。
そのまま部隊に帰るとまた上司に病院に行けと言われ、田村は居場所がなくなってしまうのでした。
ある日、いつものように野戦病院をさまよっていると、安田と松永という兵士に出会いました。安田は足をけがして、松永は安田について来ていました。二人が田村の持っていた芋を盗もうとした時、野戦病院が攻撃されてしまい野戦病院は廃墟になってしまいます。
行くところの無い田村は村をさまよい、原住民の村に入り込んでしまいます。日本兵は敵だと言われているので村人から抵抗され、暴れだした女を田村が撃ってしまいます。田村は塩だけ盗んで逃げていくのでした。
その後もさまよっていると日本兵と会い、自分の居た部隊が全滅したと聞かされます。そして生き残りの兵士はパロンポンへの集結するように命令が出ていて、田村の持っている塩を見つけた日本兵たちは田村も連れて行くことにします。
その日本兵たち三人はニューギニアでは人肉を食っていたと自慢します。四人の日本兵はパロンポンを目指すものの、アメリカ軍の目を潜り抜けなくてはたどり着けません。四人は作戦を立てました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

作戦を実行しようとした時にアメリカ兵に襲われます。そこでまた田村だけ生き残ります。そして瀕死の状態の仲間を見つけて話しかけると、俺が死んだら自分の腹の肉を食えと言うと同時に亡くなりました。
そして田村は極限の飢餓状態になってしまい倒れてしまいます。そして仲間のひとりに助けられ、水とサルの肉を与えられます。その後安田に合った田村は安田に手りゅう弾を奪われてしまいます。そして田村は仲間から水と猿を探しに行きますが猿が見つかりません。なんと猿の肉と言われて食べたのは死んだ日本兵の肉なのでした・・・。
安田が田村たちをめがけて手りゅう弾を投げつけてきました。田村は肩の肉が削げ落ち、その肉を口に入れます。みんなは裏切った安田を殺して食べようと言いだします。そして射殺して肉にむしゃぶりつく日本兵を田村が撃ち殺します。
終戦し、日本に帰ってきた田村は手記を執筆しますが、レイテ島での地獄が頭の中から離れないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました