長い散歩/あらすじとネタバレと感想

長い散歩 2006年の邦画

長い散歩の概要

制作:2006年 日本
監督:奥田瑛二
出演:山室有紀子、奥田瑛二、桃山さくら、他

長い散歩の見どころ

家庭崩壊を迎えたまま妻を亡くし、娘にも絶縁された元校長は母とその彼氏から虐待されている五歳の少女と出会い、自分の過去と向き合うためにその少女と長い散歩に出かけるというストーリー。

長い散歩のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

安田松太郎は昔ながらの教育者で校長まで上り詰めました。
家庭でも頑固一徹で娘にも厳しく、娘が万引きして捕まった時も娘を殴りつけるだけで話しひとつ聞きませんでした。妻はどうにもならない夫の元でアルコールに依存してしまいアルコール依存症で亡くなってしまいます。
娘も成人しても松太郎の事を「人殺し」と呼び、決別していました。松太郎は家を娘にあげて、自分は小さなアパートに入ることにしました。アパートの隣には幸という五歳の女の子を連れたシングルマザー真由美が住んでおり、虐待しています。真由美の彼氏である押本も一緒になって幸の事を虐待しているのでした。幸は二人の営みが終るまで怒鳴られて外に出されてしまいます。幼稚園にも行かせてもらえず、真由美はホステスの仕事で出かけていても基本、幸は一日中家の中に居ました。松太郎もまた、そんな親子を見ながら声をかけることができませんでした。幸を見かけても汚いワンピースに身を包み、腕や足には虐待の跡が目立ちます。幸はいつも段ボールで作った天使の羽をつけていました。真由美はことあるごとに幸をなぐり、飯代だと言って小銭を投げつけます。母の彼氏である押本は幸の事を完全に女として見ているのでした。ある日押本が幸を女として見ていることに気が付いた真由美が幸を絞め殺そうとします。悲鳴を聞いた松太郎がやっと動いて真由美に抗議します。松太郎が逃げ出した幸を追いかけると、幸の避難所である樹海の中にある洞窟に逃げ込みます。幸は家に持ち帰れない万引きしたものをそこに置いていたのでした。

ネタバレと結末

その日から松太郎は幸に積極的に関り、また押本と対戦できるように体を鍛え始めます。
また幸の悲鳴が上がった時、松太郎が乱入し押本を殴って幸を連れ出します。しかし幸は長い間の幼児虐待を受けて来ただけあって、思うようには行きませんでした。一応、真由美は警察に子供が居なくなったと行きますが、真由美の様子を見て警察は誘拐とし探し出します。刑事は松太郎の環境と幸の環境を探って行きます。
真由美の人生がうまくいかなくなったきっかけ、松太郎の性格など。そして松太郎と幸は目指していた山に登ります。そこにはすでに廃墟となった学校があり二人で入り、幸は心を開いていき、松太郎は幸を抱きしめて泣き崩れてしまいます。刑務所から出てきた松太郎は幸の幻想を見るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました