凌辱された女 リベンジパチンカー・アナザー/あらすじとネタバレと感想

凌辱された女 リベンジパチンカー・アナザー 2015年の邦画

凌辱された女 リベンジパチンカー・アナザーの概要

制作:2015年 日本
監督:奥渉
出演:東凛、徳元裕矢、佐藤良洋、淺野潤一郎、他

凌辱された女 リベンジパチンカー・アナザーの見どころ

パチンコ屋での不正を知った従業員が殺された上に妊娠中の同棲相手がレイプされて警察に行くも相手にされません。理不尽な目にばかり合わされた主人公が復讐していくストーリー。

凌辱された女 リベンジパチンカー・アナザーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

女がパチンコ屋で店長を首つり自殺に見せかけようと首を吊っていました。
・・・女の名前は沙希。沙希とケンジが暮らしている部屋にパチンコ店の店長と二人の男が来て、ケンジを縛り上げてから店長が沙希を犯していました。もう一人の男は店長が犯す様子をビデオに撮っています。ケンジには証拠のメモリースティックを渡せ。そしてコピーを取っていたらこの女との様子を世界に流すといいました。沙希は妊娠しておりケンジが必死で止めようとしますが、その時沙希の股間から鮮血が流れ始めます。ついに我慢ができなくなったケンジがもがいて止めようとすると三人の男たちはケンジを暴行し殺してしまいます。
店長は誰かに電話し、電話の向こうではケンジを埋めろ。女も殺せ。という声がしていました。ケンジと沙希は車のトランクに入れられて森に行き、三人は穴を掘りケンジを放り込みました。沙希は思わず逃げ出して、通りかかった車に助けられます。そして警察に行き、すべてを話します。
・・・ケンジの勤めていたパチンコ店では不正が行われており、サクラを使って店を盛り上げて客を誘導し、闇金が待ち構えていて金を貸すという流れが出来上がっていました。ケンジはその証拠をメモリースティックに入れていたのでした。ケンジはその証拠を使って店長を強請ろうとし、この事件が起きました。しかし警察は不正はない。と言い切り、ケンジの事も行方不明として扱うのでした。その上沙希は同意の元なのでレイプに当たらないと言われてしまいます。

ネタバレと結末

沙希は悔しさから復讐しようと思いました。まずはパチンコ屋で拡声器で不正を叫びます。しかし連日続けるうちに沙希はストーカーとして捕まってしまいます。刑事がやってきて沙希を止めるものの、沙希がデーターのコピーを持っていると言った瞬間店長の顔が変わります。そして刑事鳴瀬も沙希をこの時から守ってくれるようになりました。ある日、沙希は自分たちを奈落の底に落とした男のひとりを見つけて走っている車めがけて突き飛ばしました。逮捕も覚悟の上でしたが鳴瀬がもみ消してくれます。二人目は家で風呂に入っている時に感電死させます。そしてまた鳴瀬がもみ消してくれて、いつしか鳴瀬と沙希は愛し合うようになり結婚を考え出します。最後に沙希がパチンコ屋の店長の所に行き、頭を殴って首つりに見せかけようと細工します。しかし店長と鳴瀬が繋がっており、鳴瀬が沙希のコピーを持っているから近づいた事、鳴瀬が店長から賄賂をもらっていたことから沙希が激怒して鳴瀬と揉み合いになります。沙希は鳴瀬も首つりにしました。
テレビではパチンコ店で二人の男性が自殺していたと流れているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました