ビジランテ/あらすじとネタバレと感想

ビジランテ 2017年の邦画

ビジランテの概要

制作:2017年 日本
監督:入江悠
出演:大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、他

ビジランテの見どころ

埼玉県深谷市を舞台に『地方都市特有の暗部』を描いた作品。
地元では有権者の父を持った兄弟三人が父の死んだあと、父の遺産でどろどろの試合を繰り広げていくストーリー。

ビジランテのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

真夜中の川に入って三兄弟が歩いています。長男が箱を埋めた所で血を流している三兄弟の父が追い付きます。三兄弟は父に連れ戻されて、さらにヒドイ暴行を受け、長男はそのまま逃げ出して行方不明になりました。
三十年後、埼玉県深谷市では地元の有力者神藤武雄が亡くなって次男の二郎が喪主をしています。二郎は父の後を継いで市議会議員をしていました。妻の美希と共に順風満帆です。
三男の三郎は葬儀にも参加せず、地元の暴力団石部組の大迫護の舎弟としてデリヘルの店長をしていました。二郎は父の遺産である土地(大型複合商業施設の建設予定地)を相続しようと思っており、三郎も父の事は嫌いでも承諾していました。
しかしある日、二郎と三郎の前に三十年前に行方不明だった長男一郎が帰ってきます。一郎は生前の父の遺言書を持っており、土地の相続の権利があると言い出しました。一郎はサオリという女と同棲していたものの、DVや薬物中毒の一郎に嫌気がさして逃げます。一郎はそのまま三郎のデリヘルに行き、デリヘル穣に暴行し、やめていきました。二郎が会長をしている自警団「けやき防犯会」では治安が悪く、中国人が多く居る地区で石原が暴力騒ぎを出してしまい中国人に石原がリンチに合い、片目を潰されてしまいます。
三郎も大迫から一郎の土地を奪って来いと言われますが、一郎が商業施設ごと拒否します。三郎は何の権利もなく、極道からも足を洗おうとしますが大迫にボコられてしまいます。そして明日の五時までに権利を持ってこないと三郎の店のデリヘル穣を殺すと言われてしまいました。

ネタバレと結末

石原は石原で怒りの落としどころがなく、病院を抜け出して石原は仲間たちと中国人の居住区域にガソリンをまいてから火を付けました。三郎は二郎の家に助けを求めていくものの、中国人の住む地区に火が出たので美希と現場に行きます。三郎は川を渡って三十年前に一郎が埋めた箱を取り出します。三十年前に父をナイフで刺して殺したのは三郎で中にはナイフが入っていました。一郎が罪をかぶり失踪していたのでした。
火事は収まり、二郎は美希が商業施設計画の中心の重鎮に抱かれているのを黙認しています。
五時まで後少し。一郎に頼んでいる三郎の前に大迫が来ます。しかし同時に一郎が多額の借金をしている横浜の暴力団幹部の湊たちが来ていました。土地の権利を争っているうちに一郎は三郎が持っていた三十年前のナイフで大迫を刺し殺します。そして戦争のような舞台になり、湊たちは大迫一味を一人のこらず殺します。一郎は流れ弾で死んでしまいました。三郎はデリヘル穣たちを助け出し、一郎の仇を取ろうとして湊達に迫るも撃たれて死んでしまいます。
その同じころ、二郎は商業施設建設計画のパーティーに出ていて血まみれの遺言書を見せられて二郎が正式に土地を相続することになります。一郎の死を知って悲しんだふりをするものの、パーティでは立派に挨拶するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました