光/あらすじとネタバレと感想

光 大森 2017年の洋画

光の概要

制作:2017年 日本
監督:大森立嗣
出演:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、他

光の見どころ

三浦しをんの小説を実写映画化。
離島で起こった中学生の殺人事件の直後に島を大津波が襲い、すべてを飲み込んでしまう。25年が経過し、それぞれの道で大成功していたものの、あの事件の瞬間をカメラに収めた少年が脅してきたのでまた抹殺するが、元少年は妻の方に証拠を郵送していたというストーリー。

光のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

25年前、美浜島という東京の離島では、中学生の黒川信之と中井美花が交際していました。
二人とも同級生で体の関係もありました。ある日のこと、信之は美花の家に行くと知らない男に美花が襲われていました。男は美花から誘われたとしきりに言いましたが、美花はその男の事を殺してくれと言います。信之は怒りのあまりその男を殴り殺してしまうのでした。そしてその場面を小学生の黒川輔が見ていました。見ているだけではなくカメラにも納めていたのでした。
その後すぐに美浜島を大津波が襲い、美浜島の多くの命が飲み込まれてしまいました。
そして現在、大津波から生き延びた信之は公務員になっており、妻の南海子と娘の椿と一緒に団地で暮らしています。何事もなく幸せに暮らしていると思われていましたが、南海子は団地の閉塞感と育児からある男と不倫関係になっていました。
ある日、信之の元に輔が現れました。輔は昔とは打って変わった雰囲気で、実は輔は南海子の不倫相手でもありました。信之は少し前から二人の関係を知っていました。しかしあの日のことから信之はことを荒立てることはしませんでした。輔は父に幼少期からずっと虐待を受けてきており、その父に信之と美花の罪をネタを元に金を強請ってくるように言われていたのでした。
一方、美花は名前を変えて芸能界に入っていました。売れっ子女優として順調に活躍している美花の元に輔がやってきて写真をネタに強請られます。

ネタバレと結末

美花は信之に助けを求め、二人の気持ちが揺らぎます。
輔が今でも父の支配から逃れられてないことを知り、輔に脅迫の物を全て渡せば、輔の父を殺してやると持ち掛けます。そして信之は輔のアパートに行き、床下に穴を掘り輔の父に酒を飲ませます。父を埋めようとした穴でしたがもともとアル中のような輔の父は不審死だとは思われず自然死になりました。
そして輔から脅迫の材料を回収し、輔が感謝した所で信之は輔も殺します。信之はしばらく家に戻らず美花と愛欲のままに過ごしますが美花にしてみれば輔から信之に変わっただけだと思い、拒否されるようになりました。一方で南海子の元に輔から手紙が届きます。すべての証拠と信之と美花の関係、そしてこの手紙が届くなら自分はもう生きていないという手紙でした。
なあんにも知らない信之はいけしゃあしゃあと団地に戻り、不穏な空気から何が起こっていたのかを知りました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました