のんちゃんのり弁/あらすじとネタバレと感想

のんちゃんのり弁2009年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

のんちゃんのり弁の概要

制作:2009年 日本
監督:緒方明
出演:小西真奈美、岡田義徳、村上淳、佐々木りお、山口紗弥加、岸部一徳、倍賞美津子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

のんちゃんのり弁の見どころ

入江喜和の漫画を実写映画化。
クズの夫と離婚して、自立したシングルマザーになろうと決心した30代の主婦が得意の料理で弁当屋を開くまでのストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

のんちゃんのり弁のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

永井小巻、31歳、専業主婦。ある朝、乃里子(のんちゃん)の弁当を作り終え、幼稚園の制服に着替えさせた後、机の上に離婚届を置いて荷物を抱えて家を出ます。小巻はそのまま実家に行き、実家のある町で再出発するつもりでした。そうやって小巻が出て行く間にも夫は布団からも出ずにグズグズしていました。
小巻の夫である永井範朋は自称作家で、親のすねばかりかじり何もしないクズな夫でした。なので離婚を決意したのでした。小巻は夫に対して養育費も慰謝料も請求するつもりはありませんでした。
小巻は仕事を探し始めますが、なかなか都合に合うような仕事は見つかりませんでした。夫の範朋にとって小巻がなぜ離婚したいと言うのかが分かりません。範朋は離婚に納得していませんでした。
そして小巻の実家にやってきて離婚を撤回するように言いに来ました。小巻は無視です。
小巻はなかなか仕事が見つからず、紹介されて水商売をすることにしました。しかし水商売は合わず、すぐに首になったのでした。そんな時昔好きだった建夫に再会します。建夫は実家の写真館の後を継いでいました。二人は学生時代に戻ったように仲良くなっていきました。
ある日の事、偶然食べたサバの味噌煮がおいしすぎて、その味を再現するために試行錯誤します。そして試作のサバの味噌煮をいろんなところに配り始めます。すると、こんなにおいしいものを食べてタダでは申し訳ないとお金を払ってくれるようになりました。
そして小巻は弁当屋を開くことを決心しました。そしておいしいサバの味噌煮のお店で、無休でいいので雇ってくれと申し出て無事に就職が決まります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

熱心に働き、食品衛生責任者の資格も取って行った小巻は、サバの味噌煮の店を昼間貸すので弁当屋にしてみないかと言われます。しかし小巻は自分の力でやりたいというと、店長が今までのお給料をくれました。
建夫からはプロポーズされ、びっくりしていると乃里子が範朋に誘拐されたという連絡が来ます。
小巻は範朋に殴りかかり警察が来ます。範朋はようやく離婚届にハンコを押すのでした。のんちゃんも無事に卒園し、小学生になります。
小巻はポロポーズを断り、サバの味噌煮の店で昼間に弁当屋「マンマヤ」を開くのでした。
小巻の新しい人生のはじまりなのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました