この国の空/あらすじとネタバレと感想

この国の空2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この国の空の概要

制作:2015年 日本
監督:荒井晴彦
出演:二階堂ふみ、長谷川博己、工藤夕貴、富田靖子、川瀬陽太、利重剛、上田耕一、石橋蓮司、奥田瑛二、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この国の空の見どころ

芥川賞受賞の高井有一の小説。この小説で谷崎潤一郎賞受賞作品を映画化。
戦争末期の日本で単身赴任の男の世話をするうちに、妻子あるその男と恋に落ち戦争が終わると同時に恋が終るというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この国の空のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1945年の日本。田口里子(二階堂ふみ)は19歳で、母の蔦江と共に杉並区の一軒家で暮らしていました。
幸いにも母と子供暮らしですが、父の残してくれた遺産で食べるのには困りませんでした。しかし、戦争中であり思うように食べ物が手に入らず、常に空腹と戦っています。
里子は近くの会社で働いており、町内の人も疎開する人が増えてきたころでした。
ある日、大雨が降り里子の家の防空壕が雨で崩れてしまいます。母子が困っていると隣に住む市毛孟男(長谷川博己)が自分の家の防空壕に入ればいいと言ってくれました。
市毛は銀行の支店長であり、病気のため戦争を免れていました。妻と子供は田舎にすでに疎開させており、現在は一人暮らしです。母子はそんな市毛の家の防空壕を空襲の時に入らさせてもらう事にしました。
市毛は母子が女だけで暮らしているということで、男手が必要なことをこなしてくれました。
里子は徐々に市毛の事が気になりだすのでした。
しばらくして、伯母の瑞枝の家が空襲で焼けてしまい里子の家にやってきました。瑞枝以外は皆死んでしまったと嘆く瑞枝を慰めるものの、里子の家も決して裕福ではなく困惑しました。
その頃、里子が市毛が留守の間に家の風通しをしてくれと言われます。里子は市毛に合鍵をもらい、里子は思わず寝室を見に行きました。すると布団が敷きっぱなしであり、勝手に畳んでしまいます。それを見た市毛は困惑の表情を見せ、里子は寝室に入ったことを謝るのでした。
市毛も、里子の事を一人の女として意識しだすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日里子と市毛が神社で話しているのを見た通りすがりの女性から激しく叱咤されてしまいます。
そして里子は家に帰ると蔦江からも市毛に気を付けろと言われるのでした。しかしそんな忠告なんて聞いてない里子はある日、市毛と一線を越えてしまいます。
そうして8月14日の夜、市毛が里子の家に来て、もうすぐ戦争が終わることを教えられます。終戦に安心する里子でしたが、同時に市毛の家族も帰って来るのでした。
茨城のり子の「わたしが一番きれいだったとき」を朗読し、映画は終わります。
・・・
わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがら崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達がたくさん死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました