ペタル ダンス/あらすじとネタバレと感想

ペタルダンス2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペタル ダンスの概要

制作:2013年 日本
監督:石川寛
出演:宮崎あおい、忽那汐里。安藤サクラ、吹石一恵、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペタル ダンスの見どころ

海に飛び込んで自殺未遂した大学時代の同級生に会うために女性3人が病院までの旅に出て、道中でそれぞれの悩みを口にして人生を見つめなおすというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペタル ダンスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

図書館職員のジンコ(宮崎あおい)と男友達川田は河川敷に居ました。
ふと川田がジンコを抱きしめ、焦ったジンコは断り、川田は友達のままがいい?と尋ねます。そしてそれぞれ岐路につきました。時を同じく服屋で働く働く原木は店でつぶやいていたところを先輩に見られ、尋ねられると昔の友達キョウコに風に乗って飛んでいるものに願い事をしたらきっと叶うと言われたことを話します。そんなキョウコは私なんていなくなればいいと自暴自棄になってしまったまま会わなくなり、何もできずにいた原木は後悔が残っていたのでした。
ジンコの親友である素子(安藤サクラ)は元夫の直人に車を借りました。素子は同じく大学時代の親友で、ミキが海に入って自殺未遂して入院しているというのでジンコと見舞いに行くためでした。直人もミキを知っており、会いに行ったら喜ぶといいつつなぜ自殺をしようとしたのかを疑問に思います。
ジンコは図書館で自殺に関する本を探していた原木から声を掛けられて気にしながら一緒に本を探します。
ジンコが仕事を終えると素子から連絡があり、ジンコはなぜ素子に会いに行くのかと尋ねるとジンコは理由を知りたいからだと答えます。出発する直前に原木の服屋が閉店し、失業した原木は駅で佇んでいました。その姿を見たジンコは原木が自殺してしまうのではないかと3人で病院までの旅をすることにします。
ミキが住む北の果てを目指して車に乗り込みます。話し込んでいるうちに雪が降ってきて、海辺で休憩していると原木が突然自分は何物でもないと言いだします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

自分探しをしているうちに、病院につきました。ミキは驚いたものの、3人に海が見たいと言います。
一度病院から出て旅館を目指す3人は思ったよりも普通だったと話合います。ミキは本当は海になんか行きたくないんじゃないかと素子が言いました。
次の日、4人は約束通り海に行き、ミキはも1か所行きたい所があると言った時ジンコに川田から電話があり突然告白されます。ジンコは今までのモヤモヤが一気に晴れて笑顔になりました。
そして4人はミキが自殺しようとした防波堤の先端に行きます。自殺した時の気持ちが自分でも知りたかったと言い、一人では来られなかったと言いました。海辺に戻り、思いついた言葉を100個紙に書いて最後に3つの言葉を絵にすることにしました。原木は海に向かって笑って生きていてと言い、ジンコはミキにいつも同じ場所にいるよと声をかけるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました