理由/あらすじとネタバレと感想

理由2004年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

理由の概要

制作:2004年 日本
監督:大林宣彦
出演:岸部一徳、柄本明、古手川祐子、風吹ジュン、久本雅美、中江有里、縄田一男、宮﨑あおい、小林聡美、石橋蓮司、片岡鶴太郎、他

理由の見どころ

宮部みゆきの第120回直木三十五賞受賞作。
とある高級マンションで四人の死体が発見される。発見当時は四人家族だと思っていたのが実は全くの他人の寄せ集めであり、しかし「家族」として暮らしていた。住民を含め多数の証言から「占有屋」であることが判明していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

理由のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日交番に中学生の片倉信子が「週刊誌に載っていた人が家にいる」といってやって来ました。
信子の家は”片倉ハウス”という簡易宿泊所を営んでおり、「荒川の事件」の重要参考人である石田直澄が居るというのでした。石川巡査と信子は信子の同級生の翔子を交番に残して、片岡ハウスに急ぎます。すると信子は祥子に「石田さんは人を殺してない」と言い残すのでした。
五カ月前の事、マンションから人が落ちたという通報があり、マンションの1225号室に住む少女が人が落ちていくのを見たと言い、その子の父親と管理人の佐野が通報したのでした。
時を同じくしてマンションの住人の葛西美枝子は2025号室に血があったと言い、隙間から見ると人が動いていたというので佐野は飛び降り自殺だと思い通報したと言います。警官たちが2025号室について家を空けるとそこには4つの死体があり、どの人も後頭部が致命傷だと言います。この家はもともと小糸信治ら家族の三人が住んでおり、遺体で見つかった人々は関係の無い人たちでした。佐野もわからないうちに入れ替わっていたのでした。小糸家は警察から逃げており、遺体の確認が進みませんでした。そして隣家の北畠智恵子からの証言で2025号室には七人住んでいたことがわかります。証言を元にすると1996年初頭に入れ替わったようです。
そして8階に住んでいる篠田いずみは小糸家の息子の孝弘と話をした時にもうすぐ引っ越すと言っていたと言います。警察は”占有屋”だと思いました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

話はさらに遡り、小糸家がこのマンションを買ったものの徐々にローンが苦しくなっていき、払えなくなりました。マンションは競売にかけらることになり、小糸家は焦って占有屋に頼んだのです。
そして出頭した小糸信治により、死んだ四人が判明します。被害者は砂川一家で、このマンションの買取で揉めていた石田直澄が重要参考人として捕まります。しかし身元が分かったのは世帯主砂川信夫だけで残りは信夫の家族の名を借りた他人でした。信夫は十数年前に失踪しており、残りの家族がニュースで呼びかけて身元が判明しました。そして残る二人は秋吉勝子と三田ハツエと判明しましたが転落した少年が分かりませんでした。そして片岡ハウスに身を寄せていた石田が信子にばれ、石田は観念します。石田は最後に電話したいといい宝井綾子に「約束が守れなくなった」と電話しました。砂川家は寄せ集めの家族でそこに家族を知らない八代裕司が入って生活していました。家族の職業は占有屋です。しかし裕司は三人を殺したのでした。
裕司と綾子はかつての恋人同士で綾子は裕司の子供を産みますが、裕司は結婚を拒否して砂川家を殺したという訳でした。その現場を見た綾子は裕司とケンカになり裕司が転落し、石田がすべての罪をかぶって逃げていたのですが石田と綾子は出頭しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました