誰も守ってくれない/あらすじとネタバレと感想

誰も守ってくれない2008年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

誰も守ってくれないの概要

制作:2008年 日本
監督:君塚良一
出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

誰も守ってくれないの見どころ

未成年の少年による猟奇殺人事件の妹を保護する刑事という加害者家族側の目線の映画。
事件を起こした兄の妹は瞬く間にマスコミに追われるようになり、クラスメイトからも裏切られ居場所をさらされ自称ネット警察がたちまち拡散し居場所を特定し駆けつけて命の危険にさらされる妹を守る刑事というストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

誰も守ってくれないのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

勝浦刑事は夫婦仲が険悪で離婚の危機にありました。中学になる娘が両親に仲直りして欲しいと伊豆への旅行を企画し、勝浦は休暇を取って娘へのプレゼントも用意していました。
しかし直前に小学生の姉妹が惨殺される事件が起こります。勝浦の休暇はなくなって、上司から同僚の三島と一緒に加害者の家族を守る立場を命じられます。とすぐに犯人の18歳の少年は捕まり、妹船村沙織(志田未来)をはじめ家族はマスコミや近所の人からみるみると餌食にされていくのでした。勝浦は三島とマスコミを振り切って沙織から話を聞こうにもすぐに居場所を特定されてしまいます。三島は家宅捜索に入ることになり、沙織を自分の家に連れて帰ります。そして沙織の携帯電話を取りに行きますがトイレで少年の母が自殺しているのを見つけてしまいます。沙織は母の死を彼氏の園部達郎から聞き、誰も守ってくれないと思い心を閉ざします。勝浦は元々家族旅行で使うはずだった西伊豆のペンションに沙織の身を隠すことにします。
その頃ネットではだいまじんという人物が沙織や勝浦の写真や個人情報などがばらまかれていました。
ペンション経営者夫妻はかつて息子を殺されており、沙織の事を知ると態度を知り急に出て行けと言いました。東京では三島がだいまじんを特定したものの拡散は止まらず、ペンションにはやじ馬が集まり始めました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ペンションには石が投げつけられたりと散々です。なぜここまでばれるのか疑問に思う勝浦でしたが、実は沙織が達郎に話していて、達郎がネットに拡散していたのでした。はじめから沙織の事を犯罪者の妹として馬鹿にしていたのでした。達郎は沙織が信じているのをいいことにペンションから連れ出します。ホテルに連れて行き、監視カメラで全世界に向けて発信されていました。駆け付けた勝浦が撤去するもすでに遅く、やじ馬が集まってきていました。そこで初めて勝浦が殴られているのを見た沙織は話し始めます。大学受験から両親に責められある日血だらけで帰ってきて手を洗っていたと言います。勝浦は沙織を諭し、沙織は供述していくことになりました。その頃、世間ではまた新しいニュースに夢中でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました