春を背負って/あらすじとネタバレと感想

春を背負って2014年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

春を背負っての概要

制作:2014年 日本
監督:木村大作
出演:松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

春を背負っての見どころ

笹本稜平の小説を実写映画化。
立山連峰を舞台に一切CGを使わずに一年かけて撮影された景色は絶品である。
主人公はトレーダーとして9億の負債を負った所で、登山客相手の民宿をしている父が人を助けて亡くなり、自分が父の後を継ごうとし、自分の居場所を見つけていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

春を背負ってのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

雪の北アルプスを一組の父子が登っています。父は小学生の子供に「一歩一歩負けないように、自分の力で普通に歩けばいいんだ」と言い、標高3000mの山小屋菫小屋にたどり着くのでした。
・・・その後20年経ち、東京でトレーダーとして働いている長嶺亨(松山ケンイチ)は故郷で「ながみね」という民宿をしながら母菫から留守番電話が来ました。父の勇夫が亡くなった知らせでした。亨は故郷へと車を走らせるものの葬式には間に合わず、父に助けられたという登山客ももうすでに帰っていました。
亨は菫と、一年前から菫小屋に勤めている高澤愛(蒼井優)と一緒に雪の残る立山を登って久しぶりに菫小屋に足を踏み入れると、勇夫の遺灰を散骨しました。菫は菫小屋を譲渡しようかと思っていると言うと、亨は自分が継ぐと言いだします。菫は東京の仕事も辞めて、家具職人を継いでいる幼馴染の聡史に会いに行きました。聡史も賛成してくれました。
そして亨は小屋へ60キロの荷物を運びますが、難儀します。そこに一人の男が現れて「一歩一歩負けないように」と励ましてくれました。愛に聞くと男は多田悟郎で勇夫の山岳部での後輩だと聞かされます。悟郎は亨が一人前になるまでサポートするつもりです。
悟郎や愛の助けを借りつつも亨は一生懸命に仕事をします。
ある日の事、菫小屋に就活中の男が現れます。この男、須永幸一は去年も菫小屋に来ており「おおめしくらい」と呼ばれていました。その頃立山には低気圧が迫ってきており、亨は須永に遅らせるように言うものの須永は気にせずに行ってしまって、案の定電話がかかってきて亨と愛は探しに行きます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

岩場でケガしていた須永を救助隊が助けます。登山客を無事下山させる使命感を亨は感じるのでした。
時間と共に山小屋の住民になっていく亨。愛がふと、立山に来た理由を話し始めます。愛の両親の思い出の地であり、両親は亡くなってしまい、一人で立山に登っていた時に勇夫に助けてもらったと言いました。
ある日、悟郎は脳梗塞を発症してしまいます。タイムリミットは三時間。みんなで悟郎を背負い山を下ります。そして駆けつけてくれていた救助隊によって悟郎は一命をとりとめました。山にも春が来た頃、悟郎が杖をついて帰ってきて「人間は人の心とふれあいがあってこそ生きていける」と話しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました