ペンギン夫婦の作りかた/あらすじとネタバレと感想

ペンギン夫婦の作りかた2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペンギン夫婦の作りかたの概要

制作:2012年 日本
監督:平林克理
出演:小池栄子、ワン・チュアンイー、深水元基、北村三郎、吉田妙子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペンギン夫婦の作りかたの見どころ

石垣島ラー油を作り出した夫婦の話。ちなみに帰化する時に苗字を選べるため夫妻が「辺銀」ぺんぎんを選んだのは有名。
中国人カメラマンの夫とフリーライターの妻が結婚し、石垣島でオリジナルのラー油を作り帰化が認められるまでを描いたほっこりストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ペンギン夫婦の作りかたのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フリーライターをしている歩美は中国人のカメラマンギョウコウと出会い、結婚しました。
ギョウコウの帰化申請をするために法務局にやってきた二人は面接官に石垣島にやってきた理由を話します。二人が石垣島で暮らそうと思ったのはギョウコウが東京でカメラマンの仕事を失ったからで、その時二人は石垣島に旅行に来ていました。二人は石垣島の魅力に取りつかれて、アパートを借りようとしたものの石垣島に住むには保証人が要ると言われます。バスを待っている時に出会ったひろしおじいが保証人をしてくれて暮らし始めます。歩美は料理屋で、ギョウコウはそのままひろしおじいの畑で暮らし始めます。二人は石垣島になじんでいきます。
そしてある日歩美はギョウコウの料理から石垣島の名産を使ったラー油を作ることを思いつきました。
そうして試行錯誤の末、オリジナルのラー油を作ることに成功します。ラー油の常識を覆す、なんにでも合う食べるラー油の出来上がりでした。そして出来上がったラー油を石垣島ラー油と名付け、フリマに出しますがまったく売れませんでした。二人は落ち込んでしまいます。
歩美は売れ残りのラー油を東京の友達に送りました。するとたちまち売れ出して、手が足りなくなり島の人たちにも助けられて本格的にラー油を生産することになりました。
同時にギョウコウは帰化したいと思うようになったのでした。ギョウコウは歩美に帰化したいという熱い思いを伝えます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし日本ではギョウコウの苗字が使えないため、二人は苗字を考え始めます。新しい戸籍は苗字が選べるのでした。ふたりは歩美の好きなペンギンから辺銀という苗字にしようと思います。
はじめ、面接官は二人がグレーゾーンの商売を日本でしようと思っているのかと思っていたのですが、誤解していたことを謝ります。面接官はもうひとつの疑問に答えてくれれば帰化申請を通すと言ってくれました。
もうひとつの質問は苗字辺銀でした。それについて二人はペンギンは一度パートナーを決めると死ぬまでパートナーを変える事ができないからと答えます。そして自分たちはそんな夫婦になりたいというのでした。そして帰化が認められて、二人はペンギン夫婦になるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました