鬼畜/あらすじとネタバレと感想

鬼畜1978年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

鬼畜の概要

制作:1978年 日本
監督:野村芳太郎
出演:岩下志麻、緒形拳、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

鬼畜の見どころ

松本清張の小説を原作として映画化。
キャッチコピーは「弟はきっと星になったんだ」「妹はきっとお金持ちにひろわれたんだ」「父ちゃんはきっとぼくを殺せないよ」
なし崩し的に生きてきた男が外で隠し子を三人作り、本業の工場が傾いて愛人に金を払えなくなったころ、本妻には子供が居なかったことから愛人に隠し子を押し付けられるが、本妻も子供ができてしまい次々に子供を殺していくというストーリー。ビートたけしでリバイバルされるなど現在も残る名作である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

鬼畜のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日の夜、子供を三人連れて女の人がとある印刷工場にやって来ます。女は菊代と言い、印刷工場を営んでいる男竹下宗吉の愛人でした。宗吉が生活費を渡さないようになってしまい生活に困ってやってきたと言います。しかし妻のお梅は愛人の事も隠し子の事も知りませんでした。当然お梅は激怒し、何も言わない宗吉を挟んでケンカします。お梅に子供はいませんでした。そして菊代ははっきりしない宗吉に愛想をつかしてその夜、宗吉の家に子供を置いて出て行ってしまいます。
次の日宗吉は子供たちを連れて、菊代の家に行きますが菊代は引っ越しをしていました。宗吉は子供たちをまた家に連れて帰り、育てることにします。お梅は当然激怒し、面倒をみないどころか虐待し始めます。宗吉は仕事をしながら子供たちの世話をします。まだ赤ちゃんの次男の庄二は日に日に衰弱していき、ある日宗吉が帰ると死んでいました。お梅は厄介者がひとりいなくなったとせせら笑います。その姿を見た宗吉は恐ろしくなるものの何も言いませんでした。そして宗吉はもしかするとお梅が殺したのではないかと疑い始めます。
菊代は未だに手掛かりがなく、次第に追い詰められていく宗吉は長女の良子を連れ出して置き去りにしていきます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

長男の利一が残り、邪魔になった二人は青酸カリが入ったパンを食べさせようとしますがうまくいきませんでした。お梅は遠くの海に捨ててこいと言い、宗吉が東尋坊に連れて行き最後の旅行を楽しみますが海へ突き落とし帰ると、利一は一命をとりとめており保護されます。利一は警察で根ほり葉ほりと聞かれるものの、父である宗吉の事は絶対に言いませんでした。しかし所持品から宗吉の身元が割り出されます。宗吉は殺人未遂で逮捕されるものの、利一は絶対に父だとは言わず知らない人だと言い張るのでした。宗吉は初めて自分のしたことに気が付き、泣き崩れてしまいます。利一は母の帰りを待ちながら施設に入ることになりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました