県庁おもてなし課/あらすじとネタバレと感想

県庁おもてなし課2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

県庁おもてなし課の概要

制作:2013年 日本
監督:三宅喜重
出演:錦戸亮、堀北真希、関めぐみ、甲本雅裕、松尾諭、高良健吾、船越英一郎、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

県庁おもてなし課の見どころ

この映画の元になったおもてなし課は、実際に高知県庁に存在する。
高知県に観光促進のために作られた県庁のおもてなし課で若い職員がバイトを巻き込んで奮闘していき“高知県レジャーランド化構想”を進めていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

県庁おもてなし課のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1987年。高知県では観光スポットとしてパンダを誘致しようという動きをしていた男がいました。
しかしその男、清遠の話を真面目に聞いてくれる人がいなく、移動さされて退職してしまいます。
13年ののちに高知県庁では「おもてなし課」が設立され、東京の大学を出て帰ってきた掛水をはじめ四人の職員がおもてなし課に来ます。
まずは高知出身の著名人に観光特使をお願いし、人気小説家の吉門と話をしますが「民間の感覚が足りてない」とダメ出しします。そして外部の若い女性からの意見、パンダ誘致論を調べることが成功のきっかけになると聞かされます。さっそく掛水はパンダ誘致論を調べだし、アルバイトの明神多紀を外部アドバイザーとして引き入れます。
そして清遠の家を訪ねていくものの、県庁から来たというだけで娘の佐和に水を掛けられて追い返されてしまうのでした。しかし清遠本人は乗り気で、ひとつのプラン500万で取引します。そして自分のできなかった抗争を掛水に語りだすのでした。
清遠は高知全体をレジャーランドにするという高知県レジャーランド化構想がありました。高知は自然は沢山あるものの、田舎なので発展しにくいというデメリットがあり、せっかくの自然を生かすにはアウトドアレジャーにするしかないというものです。掛水は感動し賛同します。そして上司に掛け合い予算を頼み、実現するために動き出すのでした。
レジャーランド化は予算もあり、なかなか前に進みません。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

夏になり、計画は検討を続行するものの清遠が外されることになりました。
憤慨するものの清遠は納得します。
佐和と吉門は結ばれて、吉門は清遠に娘をくれと言います。清遠は勝手にしろ!というと佐和はまだ返事もしていないのにとまた怒り出します。
ある日テレビ番組で吉門の新刊の話になり、高知を舞台にしたコメディ小説だと紹介し、小説のモデルだと言って吉門が掛水と一緒に番組に出演します。
掛水はレジャーランド化構想のアピールをして高知に対する正直な感想を述べます。するとその言葉が高知県知事や皆に届きます。
そして最後に「高知県では今でもおもてなし課が活動をしており、高知の未来は多分明るい」と映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました